海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  ヨーロッパ旅行  >  格安ポーランド旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

ポーランド旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。ポーランドの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

ポーランド 格安で行ける!お得なポーランド旅行情報が満載です。

ポーランド行きの旅行を探す

ポーランドの観光情報

見どころ

ショパンの生家と公園

世界的音楽家、フレデリック・ショパンがポーランド生まれという事をご存知でしょうか?
当時の生家はすでに消失していますが、その家や家具、内装などは復元され、公開されています。
家の周辺には世界各国から贈られた花や木が植えられ、緑豊かな公園になっています。

毎年5月初めから9月末までは、毎週日曜日にショパンの演奏会が開かれています。生家内で演奏を聴く場合には入場チケットが必要ですが、家の外(公園の敷地内)で聴くなら無料です。

【アクセス】
ワルシャワからソハチェフまで電車(PKP)で移動。ソハチェフからローカルバス6番線に乗車。

ヴィエリチカ岩塩坑

人口2万人ほどの小さな町、ヴィエリチカにある岩塩坑は13世紀から採掘が開始され、その後700年もの間、ポーランドの財源の一つとなり、国を豊かに育んできました。

700年もの間採掘され続けた岩塩坑の総延長は約300kmととても大きく、ヴィエリチカの町がすっぽりと収まってしまう程の広大さ。

特に見どころはヴィエリチカ岩塩坑内、深さ約100mのところにある聖ギンガ礼拝堂。ここは、床、壁画、聖像、輝くシャンデリアまでもが塩で作られています。

【アクセス】
クラクフからヴィエリチカ広場駅まで電車(PKP)で移動。駅から徒歩5分。

古城ホテル

ポーランドにはかつてのお城や宮殿をそのまま使用した古城ホテルがいっぱいです。
ワルシャワ周辺、クラクフ周辺、ブロツワフ周辺、グダニスク周辺など多くのエリアに存在するので、旅の記念に泊まってみるのもおすすめです。

【ワルシャワ周辺】
ドム・ポロニア、ヤブウォンナ宮殿 など

【クラクフ周辺】
ニェジツァ城、プロムニツェ狩猟の小城 など

【ブロツワフ周辺】
クリチクフ城、ヴォヤヌフ宮殿 など

【グダニスク周辺】
グニェフ城 など

世界遺産・自然遺産

ワルシャワ歴史地区

別名、北のパリとも言われるワルシャワはその名の通り、美しい街並みが魅力的。
だからこそ世界遺産に認定されたのかと思いきや、そこには不遇の歴史とポーランドの国民が持つワルシャワに対する愛情がありました。

ワルシャワ歴史地区は第二次世界大戦時に街並みの80%以上が壊され、瓦礫となりました。戦後、ワルシャワの住民は旧市街を再建することを決意。それは新たに街を作ると言った意思ではなく、戦前の街並みの完全なる再現でした。
「ヒビの一つに至るまで再現する」といった決意を胸に、戦前の街並みに関する資料を基に入念なスケッチを開始し、それを元に街は見事に再建したのです。
この活動には建築家、専門家の他にも一般市民が多く参加したと言われ、ワルシャワへの愛情をうかがい知ることができます。

このことから、世界遺産登録された際にはこの街並みの歴史的価値ではなく、「街の復興にかけた市民の情熱」に対して評価をし、1980年に世界遺産登録されました。

ワルシャワ・ショパン空港から旧市街まではバスも出ているため、ワルシャワへ訪れる旅行者は気軽に向かうことができます。

アウシュビッツ博物館

歴史的な負の遺産として知られる、アウシュビッツの収容所がそのまま博物館として公開されています。この施設で命を落とした人々は150万人以上とも言われています。

アウシュビッツはナチス・ドイツにおける時の権力者、アドルフ・ヒトラーによるポーランド人とユダヤ人を対象にした民族虐殺の為の施設で、「アンネの日記」の著者であるアンネ・フランクも一時収容されていました。

終戦後、ポーランドでは後世への教訓としてアウシュビッツの保存を決め、アウシュビッツ博物館が作られました。その後、1979年に世界遺産登録されました。

名物グルメ

ピエロギ

ピエロギはポーランド風餃子と呼ばれる事もある食べ物で、豚ひき肉を生地で包んで茹で上げたものです。

日本の餃子とは違い、マッシュポテト、チーズ、ザワークラフト、キノコなどを入れて茹でることもあります。

食べる前に焦がし玉ねぎソースをかけて食べますが、食感はまさに餃子です。

ポンチキ

ポンチキはポーランド全土で食べられるドーナツの様なもの。
食感は軽めでサクサク、ふわふわとした感じで、一般的なドーナツとは異なります。バラのジャムが入ったポンチキがとても定番で街のスイーツ屋さんでよく見かけます。

人気のお土産

ポーリッシュポタリー

ポーリッシュポタリーはボレスワヴィエツとその周辺で作られる代表的な陶器の食器です。
手書きやスタンプなどでデザインされた陶器はすべて職人の手作りで、ハンドメイドの優しさと温かさが伝わるようなかわいらしいデザインのものが豊富。
自宅用にも、女性のお友達へのお土産にもうれしい一品です。

琥珀

グダニスクで取れる琥珀は4000年〜6000年の時を経てバルト海で育まれたもの。
自然に作られるものだから、その色も形も一点ものです。

グダニスクはポーランドにおける琥珀産業の中心地です。訪れれば、露店から路面店まで、さまざまな場所で琥珀のアクセサリーを手に入れることができます。

ポーランドの旅行特集を探す

ポーランドの基本情報

ポーランドは親日国として有名で、市民レベルで今も多くの交流が持たれています。
そのきっかけは第二次世界大戦時代に遡ります。
「命のビザ」を発行し、多くのポーランド人を救った杉原千敏の善行や、第二次世界大後、飢餓や疫病に苦しむシベリアのポーランド人孤児を日本で治療し、ポーランドに送り届けるといった過去の歴史が、現在でも日本との親交を深めている所以です。

正式国名 ポーランド共和国
面積 32.2万平方キロメートル(日本の約4/5程度)
人口 3,848万人(2014年:IMF調べ)
首都 ワルシャワ
言語 ポーランド語
通貨 ズウォティ、グロシュ
物価 1ポーランドズウォティ=約26.22円(2016年8月時点)

日本と比べると全体的に安価。
ミルクバー(ポーランドの大衆食堂)での食事が12ズウォティ程度で楽しめます。

※あくまで参考金額となります。渡航時の為替レート、物価などにより異なりますのでご了承ください。
チップ 良いサービスを受けた、と感じるときには次にあげる金額を目安に支払いましょう。

【レストラン】
10%を目安に。

【ホテル】
ポーターには荷物一つに対し3ズウォティ、ルームサービスに対して3〜4ズウォティ程度。

【タクシー】
おつりを切り上げる程度。

※チップの金額はあくまで目安となります。ご了承ください。
時差 マイナス8時間
サマータイムが実施される3月最終日曜日AM2:00〜10月最終日曜日AM3:00まではマイナス7時間の時差となる
飛行時間 直行便で約11時間30分。
ビザ ビザの要否やパスポートの残存有効期間はこちらのページからご確認ください。

気候 ポーランドは大陸性気候の為、はっきりとした四季があります。しかし、高緯度にあるため、全体的に日本よりは涼しい気候となっています。
冬は曇った日が多く、高緯度のわりにはそれほど寒さは厳しくありません。夏は湿度が低く日本よりも過ごしやすいですが、気温は30度以上になることもあるので、日本の夏と大きな差はありません。
ベストシーズン 9月〜10月
政府観光局 【住所】
東京都目黒区三田2丁目13−5
【電話番号】
03-5794-7020
【URL】
http://tokio.msz.gov.pl/ja/
国際電話番号 48

ポーランドの日常会話

ありがとう ジンクイエ
トイレはどこですか? グジェ イェスト ワジェンカ
これをください プロシェゥン ト
また会いましょう ド ゾバチェニァ
あなたは英語が話せますか チ ムビシュ ポ アンギエルスク?

ポーランドの主要都市を探す

ポーランドの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ