SG 格安航空券・格安チケットで行く シンガポール旅行

シンガポールの基本情報、ビザ、入国審査情報などや有名スポットなどの旅に役立つ基本情報をご案内します。航空券、ツアー、ホテルの予約・購入情報、その他旅に役立つ情報もご用意しています。

東京発着最安値 61,000 円~

最安値挑戦中!

シンガポール行き格安航空券を探している人におすすめのキャンペーン・特集

  • 格安航空券+ホテル
  • 出発60日前までの購入ならいつでも割引になる割
  • 格安 2泊3日で行ける海外旅行

シンガポール都市紹介

シンガポール

正式名称
シンガポール共和国
首都
シンガポール
言語
インドネシア語、マレー語
国際電話番号
65

シンガポールはマレーシアに隣接する東南アジアの国で、近年急速に近代化が進んでいます。「ガーデン・シティ」との別名を持つ緑豊かな国土に、CMでも有名になったマリーナ・ベイサンズ・ホテルを筆頭に近代的できれいな街並み、そしてマーライオン。見どころ満載で観光客を飽きさせません。
首都シンガポールは、50以上の島からなる多民族国家シンガポールの首都。緑豊かで色とりどりの花が街中に咲いている美しい街並みから、庭園都市とも呼ばれています。自由貿易のため、高級ブランドものも安く手に入るというのが観光客にとっては大きな魅力。シンガポールは近代的な建造物とエキゾッチクな雰囲気のあるダウンタウンなど、 エリアによってさまざまな表情を見せてくれます。アジア文化が集結したような不思議な魅力が旅人を誘うのかもしれません。

シンガポールの有名スポット世界遺産!

シンガポールの有名スポットのご紹介と世界遺産の一覧です。

マーライオン マーライオン
マリーナベイサンズ マリーナベイサンズ
ラッフルズホテル ラッフルズホテル
マーライオン公園 シンガポール動物園
サンズ スカイパーク (空中庭園) チャイナタウン
ラッフルズ・ホテル リトル・インディア

シンガポールの基本情報

シンガポール旅行前に確認したい、ビザ、入国関連情報から大使館情報など基本的な情報です。

    • シンガポールビザ情報
      パスポート・ビザ情報はこちらから
      ご確認いただけます。
    • シンガポール入国審査関連情報
      1.入国審査
      日本国籍の場合、外国人(Foreigner)のカウンターに並び、パスポート・入国カード・帰りの航空券を提示。
      2.荷物の受け取り
      便名が表示されているターンテーブルにて受け取り。
      3.税関
      申告の必要がある人は、赤の案内板(レッド・チャネル、申告品ありの順路)を選び審査を受けてください。
    • シンガポール大使館情報
      【住所】
      東京都港区六本木5-12-3
      【電話番号】
      03-3586-9111
      【URL】
      http://www.mfa.gov.sg/content/mfa/overseasmission/tokyo/jp.html
    • シンガポール政府観光局のURL

      http://www.yoursingapore.com/content/traveller/ja/experience.html

シンガポールの必需品

シンガポール旅行に持って行きたい必需品です。

コンセント変換プラグ
シンガポールの電源コンセントは日本と形状が違うので、変換プラグが必要です。また電圧も230Vと日本よりも高電圧なので、持参する電化製品が対応範囲かどうか確認しましょう。スマホやデジカメなど国際的なメーカーの製品であれば、ほとんどの場合240Vまで対応しています。
上着やカーディガンなど
年中暖かい地域なので防寒対策の必要性は高くありませんが、宗教上の理由から肌の露出が多い服装を禁じている観光スポットがあります。
日焼け止め
シンガポールは日差しが強いので、油断していると肌がヒリヒリと傷んで旅の楽しみを損なうことになるかもしれません。普段気にしていない男性でも日焼け止めは持参しましょう。
ハンカチとティッシュ
日本でもマナーとしてゴミのポイ捨てなどがいけないことは常識ですが、シンガポールでは厳格に法律で禁じられており、道に唾を吐くだけで罰金を取られます。万一に備えてハンカチとティッシュは常備しておきましょう。
エコバッグ
コンビニなどでの買い物の際、ビニール袋をサービスしてもらえないことが多いので、持参しましょう。
常備薬
万が一に備えて胃薬、風邪薬、絆創膏などは持参しましょう。
ウェットティッシュ
レストランではお手拭は用意されていない場合が多いので、持って行くと重宝します。

シンガポールのおススメ観光情報

ショッピング

シンガポールは、街そのものがショッピングエリアといえるくらいに、一流ブランドやデザイナーショップ、アンティーク、キッチュな雑貨などを楽しむことができます。夜の一人歩きも安全。「グレート・シンガポール・セール」という国を挙げての大バーゲンがあり、5月から7月、12月から翌2月まで年に2回開催されます。

観光

シンガポールは別名で「ガーデンシティ」と呼ばれるほど、緑豊かで花が街中に咲きあふれる清潔かつ近代的な国。市街地はとても整備されていて、街中には緑や草花は溢れており、自然をテーマとした観光施設やテーマパークが数多くあります。

グルメ

シンガポールは多様な文化が入り混じった国家だけあって、世界中のグルメが楽しめるグルメシティ。国民の多くを占めている華人の故郷となる中国料理、そしてマレー料理、インド料理は街中のいたるところで楽しむことができます。外食社会でもあることから、リーズナブルなホーカーズから高級店まで、レベルの高いレストランも豊富。

エンタメ

治安が大変良いこともあり、バーやクラブ、ディスコなどのナイトライフは盛りだくさん。Sリーグ(サッカー)をはじめ、スポーツ行事も盛ん。コンサートやイベントも多数開催されています。

物価

物価は全体的に日本とあまり変わりません。食事は場所によってはとても安くすみます。B級グルメの宝庫ホーカセンターであれば500円前後で充分になります。

アクセス

朝~夜遅くまで運行している地下鉄のMRT(Mass Rapid Transit) が、移動手段として非常に便利。運賃も80セント~と格安です。バスもシンガポール全土を網羅しているので、コツさえつかめば移動に便利。タクシーもメーター制で24時間運行しており、台数も多く、東南アジアでありがちな値段交渉する必要もなく快適です。

シンガポールの天候

ほぼ赤道直下のシンガポールは四季のない熱帯性モンスーン気候。日中は30度を超える日が多く、夜間も気温はあまり下がりません。一年を通じて高温多湿です。

ベストシーズン

気温は高いものの雨の少ない3~10月、湿度は高いものの気温は低めの11月~2月がベストシーズン。

出発月からシンガポール旅行を探す

日本からのアクセス

日本からの主なルート

日本からシンガポールへは、JAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、シンガポール航空、ユナイテッド航空、デルタ航空などの直行便。またはアジアなどを経由する便やLCCなどの選択肢も沢山あります。

日本からの所要時間

直行便利用で約7時間。

最寄空港

チャンギ国際空港

シンガポールへの玄関口、シンガポールチャンギ国際空港はその機能性と快適性で世界的にも非常に高く評価されており、多くの航空業界の賞を受賞しています。

市内までのアクセス

電車MRTが空港ターミナルの地下から乗車できる便利さで約\200と料金も安く、所要時間約30分です。タクシーなら約30分でおよそ\4,000前後、空港利用料と、時間帯によっては割増料金がかかります。

ラウンジ

プライオリティパスで利用できるラウンジは、ターミナル1に3ヶ所、ターミナル2に3ヶ所、ターミナル3に4ヶ所あります。

お土産

チャンギ国際空港は施設がとても広く、お土産を売るお店や品揃えもかなり豊富で、日本では珍しいお菓子や雑貨などを買うことができます。市内で買うよりは若干割高な場合が多いようですが、荷物になるまとめ買いのお土産は帰りの空港で買うのがよいでしょう。

免税店

広々とした空間に数多くの世界的有名ブランド直営店が揃っており、免税価格で購入することができます。

両替

空港施設内での両替は一般的に、手数料や両替レートの条件が悪く躊躇することが多いですが、チャンギ国際空港の両替カウンターは市内の両替サービスとくらべても大きな差はなく、比較的安心して利用できます。また、24時間対応しているので深夜早朝に到着する便でも心配ありません。

空港周辺のホテル

  1. ビレッジ ホテル チャンギ (Village Hotel Changi)
  2. レインツリー 33 ホテル (新加坡 33 號雨樹酒店) シンガポール (Raintr33 Hotel Singapore)
  3. カプリ バイ フレイザー チャンギ シティ (Capri by Fraser, Changi City Singapore)

Wi-Fi

フリーWi-Fiサービスがご利用いただけます。