ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行にも便利なクレジットカードの付帯保険!でもその補償内容で大丈夫?

【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行に出かける際、クレジットカードに自動で付帯されている海外旅行保険で十分と考えている方も多いのではないでしょうか。また、その海外旅行保険の補償内容をきちんと確認している人は、意外と少ないかもしれません。
クレジットカードに付帯されている海外保険の中には、保険金の支払い対象にならない場合があったりと、意外と落とし穴が多いのをご存知ですか?今回は、クレジットカードの付帯保険についてご紹介します。

自動付帯と利用付帯

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は2種類あります。クレジットカードに加入しているだけで自動的に旅行保険の対象になる「自動付帯」と、旅行代金の一部をカードで支払わないと旅行保険の補償対象にならない「利用付帯」です。

「利用付帯」の場合、旅費の一部である公共交通乗用具(主に飛行機や船、電車、バス、タクシーなどの各法律に基づいて運行されている公共の交通手段)の旅行代金などを、そのクレジットカードで支払わなければ補償対象にならないため、利用付帯の条件をクリアすることが必要となります。

クレジットカードの種類によっては、利用代金をカード決済にしても海外旅行保険が付帯されない場合もあるので要注意です。たとえば、空港に向かう電車やバス代などの公共交通機関の運賃には保険が付帯され、旅行の出発前日に空港近くのホテルに宿泊した代金には保険が付帯されないということも。お手持ちのカードの付帯条件を事前にしっかり確認するようにしましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険の違い

クレジットカードに付帯された海外旅行保険では、病気や疾病による死亡は保険金の支払い対象外であることがほとんどです。また、旅行中に起こった事故などで発生した交通費や宿泊費などが支払いの対象になる旅行事故緊急費用も、カバーされていない場合があります。

海外で病気やケガをして医療機関で受診をすると、日本では考えられないくらい高額な医療費が請求されることも。クレジットカードに比べると、保険会社の海外旅行保険の方が治療費用の補償額が多く、保険会社と提携している病院では現地で一切治療費を払わずに受診可能です。

クレジットカードの旅行保険でも現金で治療費を支払わずに済むこともありますが、カードの種類によっては一旦現地で治療費を負担した後に保険金が支払われるといったケースもありますので、もしものときに備えて、内容を把握しておくようにすると安心ですね。

クレジットカード付帯の海外旅行保険で保険金の合算ができる場合

傷害や疾病の治療費用や賠償責任などは、複数のクレジットカード付帯の海外旅行保険を合算して補償を受けられます。そのため持っているカードの種類や枚数によっては、保険会社の海外旅行保険に加入するより補償額が多くなることもあります。複数のクレジットカードを持っている方は、それぞれの補償内容を調べておくことをおすすめします。

自分の持っているクレジットカードで家族も補償されるか

家族での海外旅行の場合、自身はクレジットカードに付帯されている海外旅行保険が適用されたとしても、子供が補償の対象になるか気がかりな方もいるでしょう。

クレジットカード付帯の保険ではほとんどの場合、補償の対象になるのはカードの名義人のみで、家族は対象になりません。しかし、中には家族も補償の対象となるカードがあります。お手持ちのカードが、家族も補償の対象になるか確認し、補償外の場合は別途海外旅行保険に加入するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードに付帯された海外旅行保険だけでは心もとないと感じる方は、保険会社の海外旅行保険との併用を検討するのもよいでしょう。複数のクレジットカード付帯の旅行保険の合算など、海外旅行保険の使い方は人それぞれです。海外旅行に出発する前に、自分のクレジットカードに付帯されている海外旅行保険の内容を詳しく確認して、楽しい海外旅行に出かけましょう。

 

▼こちらもチェック
加入しないと大変なことに?海外旅行保険の必要性とその種類について解説

SNSでフォローする