ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行の持ち物に変圧器は必要?各国の電圧、コンセントプラグの形状

電圧や電源プラグは国によって異なります

海外を旅行する際、持って行きたいのが変圧器と変換プラグ。電圧やコンセントプラグの形状は国によって異なりますので、日本の電化製品を海外へ持ち出す場合は、事前に渡航先のコンセント事情を確認する必要があります。最近では、変換プラグを装着するだけで対応可能な電化製品も増えているので、旅行に持参する電化製品を確認した上で、対応を検討しましょう。

日本の電化製品を海外で使うには

海外対応していない電化製品を旅行先で使用するには、「変圧器」が必要です。変圧器を使えば、日本仕様の電化製品も海外でも使用することが可能です。

変圧器とは、電圧を変換するための機器で、日本の電化製品を海外でも使用できるよう調製するための装置です。電圧やコンセントプラグのタイプは、国によって異なります。そのため、日本の電化製品を海外でそのまま使ってしまうと、機器が電圧に耐えられず、故障したり発火したりする危険をはらんでいます。

日本の電化製品を海外でも使用したい場合は、海外旅行の持ち物に変圧器を必ず入れていくようにしましょう。

■変圧器の使い方

変圧器の使用方法は至ってシンプル。使いたい電化製品のプラグを変圧器に接続し、変圧器をコンセントに差し込めば利用可能です。

意外と多い全世界対応の機器

日本で製造された電化製品だからといって、必ずしも海外で使用できないとは限りません。

最近では変圧器が内蔵されているユニバーサル仕様の電化製品が増えています。代表的なのはスマートフォンやタブレット。近年製造されているスマートフォンは変圧器の要らないユニバーサル仕様の物がほとんどです。

充電器や本体に「100-240V」と記載されている機器は、その電圧内であれば、どこでも使用できるユニバーサル仕様です。

電圧だけでなく、コンセントプラグの形状にも注意

海外で日本の電気機器を使うためには、電圧だけでなくコンセントプラグの形状も確認が必要です。電圧がユニバーサル仕様の機器も同様で、プラグの形状が合わなければ使うことができません。

そこで必要になるのが、コンセントプラグの形状を変換してくれる「変換プラグ」です。この変換プラグは、元のプラグの上に被せて使用するだけなので、簡単に利用することができます。旅行先のプラグ形状を調べたら、該当する変換プラグを購入して持参しましょう。

変圧器と変換プラグの入手について

変圧器と変換プラグは、家電量販店はもちろん、ネット通販でも購入することができます。また形状は限られますが、変換プラグは100円ショップでも購入可能です。複数のプラグ形状を使っている国へ行く場合や、数カ国周遊する場合は、全ての形状に合うマルチタイプの変換プラグがあると便利でしょう。

変圧器は、3,000円から5,000円、変換プラグも1,000円から1500円で入手できます。手にすることができます。

人気渡航地の電圧とコンセントプラグタイプ

日本のコンセントプラグの形状は「Aタイプ」ですが、アジアでは、「Cタイプ」、ヨーロッパでは「Cタイプ」と「SEタイプ」が多く、アメリカやカナダのある北アメリカでは日本と同じ「Aタイプ」、オセアニアでは「Oタイプ」が多く使われています。

国によって、複数の形状の差込口を使っている場合もあるので、出発前には必ず電圧と同様にコンセントプラグの形状も確認するようにしましょう。

国名 電圧 コンセントプラグタイプ
台湾 110V/220V A/C/O
大韓民国 110V/220V A/C/SE
香港 200V/220V B/B3/BF/C
シンガポール 115V/230V A/B/B3/BF/C
グアム 120V/240V A/BF/O
ニュージーランド 230V/240V O
オーストラリア 240V/250V O
ハワイ 120V A
アメリカ 120V A
カナダ 120V/240V A/BF
イギリス 230V/240V B/B3/BF/C
ドイツ 127V/230V A/C/SE
フランス 127V/230V A/C/O/SE
スペイン 127V/220V A/C/SE
イタリア 125V/220V A/C/SE

海外で電化製品を使用するときの注意点

最近の電化製品、携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラ、電動シェーバーなどは変圧器が不要なタイプの製品が増えてきており、「100-240V」という表示があれば、変換プラグによる対応だけで充電できる場合がほとんどです。

しかしドライヤーやポット、アイロン、炊飯器など消費電力が大きいものは、変圧器でも対応できない可能性があります。現地のホテルに備え付けてあるものや、渡航先で調達する方が良いでしょう。

 

▼こちらもチェック
知らないと事故にもつながる!知っておきたい海外旅行のコンセント事情
海外旅行に電源タップを持って行く場合の注意点とは
海外旅行に持っていけるヘアアイロンの見分け方

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする