ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

これさえ言えれば安心!海外旅行で使える英語フレーズ10選

海外旅行で使える英語フレーズ10選

海外旅行で困りやすいのは言葉の問題。特に英語は欠かせませんが、現地で英語をスラスラ話すのは少しハードルが高めな方も多いでしょう。でも、旅行時に使えるフレーズを覚えれば、海外旅行がもっと楽しくなること間違いなし。そこで今回は、現地で役立つ英語のフレーズをシチュエーション別でご紹介します。

ホテルで使える英語フレーズ

1.I’d like to check-in. My name is Tanaka.

訳:チェックインしたいのですが。私の名前は田中です。

これは必ず使うフレーズです。ホテルのチェックイン時に利用してみましょう。
これを応用して「Check-in」を「Check-out」に変えるだけで、スムーズにチェックアウトすることも可能。

2.There’s no hot water in the shower

訳:シャワーからお湯が出ません。

海外旅行では湯船に浸かれなくても、せめてシャワーは気持ちよく浴びたいものです。
それなのに水しか出ないとなると、せっかくのホテルでの休息も疲れをとることができません。そんな時にはこのフレーズを使いましょう。

3.Could you keep my baggage before check-in?

訳:チェックインの前に荷物を預かって頂けませんか?
フライトの時間によっては、現地に早朝に着く場合もあります。チェックインの時間まで、大きい荷物を持ったまま観光するのは大変つらいですよね。
そんな時にこのフレーズを使うと、チェックイン前に荷物を預ける相談ができます。

タクシーで使える英語フレーズ

4.I want to go to~

訳:~に行きたいです。

海外旅行ではタクシーに乗る機会も多いです。目的地だけを言うのではなく、前後の言葉を英語で言う事で運転手にも誠意が伝わります。
英語が得意でない人でも、これは簡単に覚えられるでしょう。

5.Please keep the change.

訳:お釣りはとっておいてください。

海外では、チップの習慣がある国もあります。
サービス=対価と考える国では、チップを貰えなければその人の収入に関わってきます。

「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、チップの文化がある国では、チップを渡すようにしましょう。タクシーなどでお釣りをチップに回せそうな時は、このフレーズを言えばばっちりです。

レストランで使える英語フレーズ

6.Do you have a table for 2?

訳:2人用の席はありますか?

予約をせずにレストランに入った場合、まずは席があるかを確認しなければいけません。
「2」を、その時に合わせた数字に変えるといくらでも応用ができます。席が空いていれば、スタッフが席まで案内してくれるでしょう。

7.Can I order?

訳:オーダーしてもいいですか?

レストランで使えるフレーズです。スタッフを呼んで、目の前に来たらこの言葉を言いましょう。スタッフは「Sure」「off course」と言って、オーダーをとる準備をしてくれます。

8.Which one do you recommend?

訳:オススメはどれですか?

レストランに入ったものの、メニューはすべて英語です。
どれを選べばいいか迷ったら、迷わずこのフレーズを使いましょう。スタッフがオススメする料理を教えてくれます。

買い物で使える英語フレーズ

9.I’m just looking.

訳:見ているだけです。

海外旅行での醍醐味の1つでもある買い物は、自分のペースでゆっくりとしたい人も多いでしょう。
そんな時にこのフレーズを言えば、店員からしつこく話しかけられることもないでしょう。

10.Do you have this in a small?

訳:このスモールサイズはありますか?

買い物で、せっかく気に入ったデザインの洋服を見つけても、サイズが合わなければ着ることができません。大きい物が欲しい人は「small」を「big」に言い変えて言ってみてください。

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする