ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

知らないと損をする?知っておきたい海外旅行の両替のコツ

海外旅行の両替のコツ

事前に海外旅行先の現金を準備していても、現地に行ったら、出費が重なって両替が必要になったということはよくあるもの。しかし、現地での両替は注意しないと損する可能性が高いです。そこで今回は、海外旅行先での両替についてご紹介します。

お金のいろいろな準備方法

日本ではまだまだ現金での支払いが主流です。だからといって、海外で多額の現金を持ち歩くのは不安なもの。
日本よりも盗難やスリの被害にあう可能性の高い海外で、札束を持ち歩くようなことだけは絶対避けてください。海外で使うお金の準備方法にはどんなものがあるのでしょうか。

現金

多額の現金を持ち歩くのはご法度としても、到着してからホテルまでの移動や、到着当日の食事代など、最低限の現金はどうしても必要になります。
現地到着が朝や昼間なら、現地に着いてから日本円から現地通貨に両替することもできますが、到着が夜間であったり現地空港で両替所が探せない可能性を考えると、最低でも到着日と到着翌日分はカバーするくらいの現金は日本で用意しておきましょう。

旅行先の物価にもよりますが、一般的には2万~3万円の日本円を日本出発前に現地通貨に両替しておくことをおすすめします。その際、多く両替しすぎて帰国のときに余るようなことがないように気をつけましょう。

日本国内では郵便局、銀行、外貨両替所などで外貨への両替が可能です。宅配してくれる会社もあるので、窓口に出向く時間がない方はそういう会社を利用する方法もあります。
日本の国際空港にも両替所は設置されていますので、出発当日に空港で両替するのもよいでしょう。

クレジットカード

大きめの買い物をする場合や、手持ちの現金がない場合に便利なのがクレジットカード。
海外では、ホテルにチェックインするときに、デポジット代わりにクレジットカードの提示を求められることがありますので、一枚持っていると便利です。クレジットカードは、カードを提示してキャッシュレスで支払いができるほか、海外キャッシングに対応していればATMでキャッシングすることも可能です。

国によっては、クレジットカードでの買い物の際にパスポートの提示が必要な場合があるので注意しましょう。利用明細をきちんともらって大切に保管し、帰国したら不審な請求がないか必ず確認してください。

海外旅行用プリペイドカード

海外旅行用プリペイドカードというのは、比較的新しい方法です。事前にチャージしてある金額までの通貨を、現地のATMなどから引き出したり、デビットカードのようにチャージ金額を上限として買い物に使用できたりします。

旅先で残高が不足した場合には、家族にチャージしてもらったり、ネットバンクを利用して自分でチャージすることも可能なので、クレジットカードのように使いすぎたり、大金を持ち歩く必要がなく安心です。

発行には審査がなく、スピーディーに用意できるもの特徴です。
ただし、利用可能な通貨に制限があります。主要通貨(米ドル、ユーロ、豪ドルなど)の国に行く場合はよいのですが、マイナーな通貨には対応していない点に注意してください。
旅行前に渡航先の通貨をカードにチャージしておき、後は現地で利用するだけです。カードには、VISAやMasterなどの国際ブランドがついているので、買い物や食事に使用する際には加盟店で利用できます。

現地で両替できる場所

銀行や郵便局などの金融機関

国や地域によって違いがありますが、一般的に午後の営業時間が短く、日祝日は閉まっていることがほとんどです。換金レートは事前にチェックしましょう。

両替所(空港、駅、街中など)

金融機関よりも営業時間が長く、土日営業や夜間営業しているところもあります。金融機関での換金よりもレートが高くお得なことが多いです。

海外での両替の注意点

現地で両替する場合には、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

レート

レートは店によってかなり違います。国・地域・通貨によって空港がお得だったり、銀行がお得だったりと違いがあるので「必ずどこがお得」とはいえませんが、最初に目に飛び込んできた両替所以外に、ほかの両替所のレートも見て相場観をつかみましょう。

手数料

レートのほか、手数料もしっかり確認しましょう。最低手数料が決まっているところが多いので、こまめに両替するのではなく、ある程度まとまった金額を一度に両替するのがお得な場合が多いです。

騙されない、ごまかされない

現地両替で一番心配なのがこの点。
金融機関や空港の大型両替所ではあまり心配することはありませんが、空港内でも小さなブースで営業しているところや街中の両替所の中には、客寄せのための換算率のよいレートを張り出しておいて、実際はかなり悪い換算率で計算されることがあります。

換算率の違いを指摘しても、一度握った日本円を返してくれない悪質な場合もあるので、お金を渡すタイミングにも注意しましょう。桁が大きい場合は特にごまかされやすくなります。最後まで気を抜かず、窓口のスタッフが一度数えた紙幣でも、自分自身でその場で必ず数えなおしましょう。

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする