ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

入国審査は怖くない!空港で役に立つ英語のフレーズ

緊張しがちな入国審査、リラックスして堂々と!
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

昨今では、海外旅行はとても気軽なものになりました。しかし英語が苦手な場合、現地での英会話や、英語で回答しなければならない入国審査などを考えると不安になってしまう人が多いのではないでしょうか。
せっかく海外に行くのに、空港に着いた瞬間からナーバスになってはもったいない。
不安を無くすためにも、空港で頻繁に使用する英語のフレーズを覚えて、心から海外旅行を楽しみましょう。

入国審査で役立つ英語のフレーズ

海外旅行で空港に到着し、飛行機から降りたあなたを待っている最初の関門は入国審査です。
テレビなどで、入国審査でトラブルが起こってしまう場面を目にすることがありますが、それが自分の身に降りかかったらと考えると恐ろしいもの。
初めて海外旅行をする時、飛行機の中で何度も入国カードを見直したり、審査の列に並びながら他の人の様子を伺ったりと、挙動不審になってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。
何度も海外に行っている人でも、入国審査の時にふと不安がよぎる事があります。不安な気持ちにならないためにも、入国審査で定番の問答フレーズと審査の流れを覚えておきましょう。

1.パスポートの確認

審査官:Show me your passport,please./May I see your passport?(パスポートを見せてください。)
あなた:Here it is.(これです。)

2.帰りの飛行機のチケットについて

審査官:Do you have return ticket?(帰りのチケットは持っていますか?)
あなた:Yes. Here it is.(はい。これです。)/No. I’ll get it later.(いいえ。後で購入します。)

3.入国目的の確認

 
審査官:What’s the purpose of your visit?(入国の目的は何ですか?)
あなた:Buisiness.(仕事です。)/Sightseeing. または Pleasure.(観光です。)

4.滞在期間の確認

審査官:How long will you stay in this country?
How long will you be staying in?(どのくらい滞在しますか?)
あなた:7days.(7日間です。)/About 2weeks.(約2週間です。)/Just passing through.(乗り継ぎするだけです。)/Just to transit.(トランジットだけです。)

5.職業の確認

審査官:What is your occupation?(職業は何ですか?)
あなた:I’m an office worker.(会社員です。)/I’m a homemaker. / I’m a housewife.(主婦です。)/I’m a student.(学生です。)

6.滞在先の確認

審査官:Where are you going to stay?(滞在先は、どこですか?)
あなた:○○○ hotel(○○○ホテルです。)

これ以外の質問をされることもありますが、上記を押さえておけばほとんど問題ありません。
入国審査官は、自国の利益を損なう恐れのある入国者を厳しくチェックするので、入国の目的や職業について、間違って伝わることがないように気をつけましょう。

どうしても英語が聞き取れなかった時は、
Speak slowly, please.(ゆっくり話してください。)
Could you speak in simple English?(易しい英語で話してください。)
I’m poor at English.(英語がよくわかりません。)

それでもわからない時や不安な時には、
Does anybody here speak Japanese?(日本語が話せる人は、いますか?)

と伝え、入国トラブルを回避しましょう。
どんな旅行者でも緊張する入国審査ですが、準備を整え、何か起こった時に慌てず対処できるよう備えることが大切です。英会話が苦手という理由から、海外旅行に消極的になっている方も、この機会に検討してみてはいかがでしょう。

SNSでフォローする