ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

お得にショッピング!空港などの免税店での買い物で知っておきたいポイントを紹介

免税店でお得にショッピング!
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行の楽しみのひとつに免税店での買い物があります。
免税店でお得に買い物をするために知っておくといいこと、注意すべきことはなんでしょうか。
以下にまとめて紹介します。

免税店の仕組みとは?

免税店とは、外国人旅行者などの非居住者に対して特定の物品を一定の方法で販売する場合に、消費税などの税金を免除して販売できる店舗のことです。

免税店では主に消費税、関税、たばこ税、酒税などが免除の対象となります。

なぜ税が免除されるかといいますと、外国人が販売国で買ったものがその国では使われず、販売国から輸出されることになるためです。また、出国審査後のエリアはどこの国にも属さないため、どの国の関税もかかりません。飛行機の中の免税販売も同じシステムです。

免税店での買い物のポイント・注意点

パスポートと帰りのチケットが必要

免税品は、これからその国を出国する人だけが購入できる商品です。そのため、免税品の購入時には出国の予定があるという証拠を見せる必要があります。

海外の免税店ならば、パスポートと帰りのチケットを提示することになります。

購入金額には下限があることも

国・店舗によって異なりますが、一定以上の購入金額の場合にのみ免税が適用される場合もあります。

一店舗での購入金額に下限の金額が設定されていて、別店舗同士の合算は不可という規定がある免税コーナーもありますので、気をつけましょう。

商品をすぐには受け取れないことも

市内の免税店で購入した免税品は、購入したからといってすぐに受け取ることはできません。

空港の出国ロビーの免税店ならすぐ商品を受け取れますが、街中の免税店で商品を買うと交換券を渡され、空港の引き渡しカウンターで受け取ることになります。

これは免税店の仕組み上、販売国内で使用してしまうと消費税が発生する仕組みのためです。

帰国便を免税店スタッフに伝えるときに、便名や出発日・時間を誤って伝えてしまいますと、購入したものが空港に届いていないということも起こり得るので気をつけましょう。

日本の免税範囲を超えると帰国時に課税される

日本に免税品を持ち込む際には、日本の税金の課税対象になります。免税範囲で買い物をするようにしましょう。

規定の量を超えている場合には、入国審査後の税関検査で申告する必要があります。

ちなみに、日本の免税となる範囲は、酒であれば760mlのものが3本まで、タバコであれば日本製1カートン(200本)と外国製1カートン(200本)、香水であれば2オンス(約59ml)までとなっています。

酒、たばこ、香水以外は「その他のもの」という分類になり、合計金額が20万円以内であれば免税となります。1個で20万円を超える品物はその全額について課税され、また、一品目ごとの合計額が1万円以下のものは原則免税となります。

割引を使ってお得に買い物

免税店でお得に買い物する方法には、事前予約による割引を受けるという手段があります。手に入れたい商品があらかじめ決まっている場合は、在庫確保のためにも事前予約をするとよいでしょう。

店舗によってはホームページや空港内のカウンター、インフォメーションセンターなどでクーポン券を手に入れることができます。

また、ANAやJALなどの各航空会社のクレジットカードで支払いをすることで、割引が適用される店舗もあります。もちろんカードにはマイルもたまるので一石二鳥でお得です。

SNSでフォローする