ドバイ旅行

ドバイで味わうアラブ料理! 現地のグルメってどんな味?

ドバイでは、トルコなど近隣国の料理に加え、フレンチやイタリアンが人気です。ローカルの本格的な味を求めるなら、ハーブやレモン、ゴマや豆をふんだんに使ったスパイシーなアラブ料理、その代表格であるレバノン料理がおすすめです。本場の味を一度体験してみませんか。

ドバイではどんな料理が楽しめる?

ドバイは大都市にあたりますから、世界中からの食文化を受け入れ、今ではイタリアンやフレンチ、アラビア湾の向かいからはパキスタンやインド料理、もちろん和食も含めてさまざまなグルメが入り乱れています。料金はそこそこしますが、本場と変わらない味が楽しめるので、食に関しては困ることはまずありません。

そうした中で純粋なドバイの郷土料理をとなると、一般家庭の料理が中心。レストランは他国の料理店に押されぎみというのが実情です。湾岸沿いなどレストランが多いエリアには、わずかながら伝統料理を出すお店がありますが、どこも外国人観光客で混雑しているようです。ローカルの味を試してみたいというのは、万国共通のようですね。

ドバイ料理=中近東料理=レバノン料理

ドバイで手軽にアラブ料理を味わうなら、中東料理の中心的な位置づけとなるレバノン料理が代表格といえるでしょう。見た目に華やかで味も折り紙つきのレバノン料理は、現地の高級レストランなどでいただけます。

平たくのばした薄いパン『ホブス』に、野菜や豆のペーストをつけていただくのをはじめ、サラダやトマト煮、肉と野菜の詰め物、豆のスープにコロッケにプリンなど、日本のグルメに似たものも多くあります。ただし食材の組み合わせや調理方法、味付けなどがまったく異なり、ニラやミント、パセリに玉ねぎなど新鮮な香味野菜も生のまま、たっぷり使われるのが特徴のひとつ。さらにレモンやライム、オリーブオイル、ゴマをふんだんに用いた刺激的な味わいがくせになります。

菜食主義者が多いことから野菜の彩り豊かですが、またその一方で肉食を好む人も多く、牛・羊・鶏を使った串焼きや炭火焼にグリルなど、食べ応えある料理も種類豊富です。

トルコ料理や近隣国のグルメも

ドバイではトルコ料理のお店も多く見かけます。トルコ料理といえばしかも世界三大料理に数えられるほど豊かな食文化ですから、外れなしの食事を楽しむなら選択肢の一つに加えてみましょう。

ほかにもインドやイラン、モロッコなど近隣国の影響も深く、滞在中はいろいろなグルメを味わって見ましょう。近隣国をはじめ、世界中の文化を取り入れた多国籍なグルメは、多くの人が行き交うドバイならではの楽しみといえるでしょう。

ドバイで味わう本場の料理:ハラルとは?

ハラルとは、イスラム教を信仰する人々に課せられた日常生活上さまざまなルールのことです。豚食やアルコールが禁じられているのは有名な話ですが、料理に使うお酒や発酵食品、調理に使うゼラチンに豚のエキスが入っているだけでもNG。あまりに細かいエピソードを聞けば、普通の人なら「大変そう」と思えるかもしれません。

とはいえ実情は、野菜・肉・卵・果物と、見た目は普通の料理と変わりません。意外に肉食が好まれるため、カレーやグリル、フライにスープの具材などはボリュームもたっぷり。食べられないものが決まっているからこそ、自然と食に対する高い意識が生まれるというのも、ハラム食を語る上では欠かせない要素です。

東京でのオリンピック開催を契機に日本でも、ハラル認証のお店が増えてきました。ドバイを訪れる際にはぜひ本場の味にも触れてみてくださいね。

※本記事は2017年2月時点の情報です

あわせて読みたい

ドバイ旅行を探す

更新日:2018/05/23

ドバイ旅行を検索する

アラブ首長国連邦の主要都市

ドバイの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ