海外旅行  >  ヨーロッパ  >  イタリア  >  イタリア観光  >  イタリア旅行の南部観光情報

イタリア観光ならDeNAトラベルにおまかせ!ナポリ、カプリ島(青の洞窟)、アルベロベッロ、アマルフィ、シチリア島など、見どころ豊富なイタリア南部の観光情報ガイドです。

イタリア 格安で行ける!お得なイタリア旅行情報が満載です。

イタリア南部の観光情報

見どころ

王宮

1600年に着工されましたが、完成から130年以上もの間ナポリ王が住んでいなかった王宮です。
現在は博物館となっており、内装がとても壮麗です。
何世紀もの歴史があるとは思えないほど保存状態はすばらしく、特に王座の間は豪華絢爛と言うにふさわしいきらびやかさ。光り輝く調度品やフレスコ画、彫像などを見ることができます。

ヴェスヴィオ山

ヴェスヴィオ山はナポリとポンペイの中間、エルコラーノにある火山。西暦79年に噴火をし、当時のポンペイとエルコラーノに大損害を与えたことで知られています。
現在は目立った火山活動はなく、登山道が一般に開放されています。ヴェスビオ山の標高は1,281メートルですが約1,100メートル地点までは車での移動が可能です。

登山道入り口から30分〜40分程度で火口まで到着しますので、重装備は不要です。トレッキングにふさわしい動きやすく、歩きやすい装備で向かいましょう。
ベストシーズンは初夏または初秋です。

【アクセス】
ナポリからヴェスビオ周遊鉄道でエルコラーノまで移動。
駅周辺のヴェスビオ火山観光を取り扱うツアー会社にオーダーすれば車で登山道入り口まで連れて行ってもらえます。

青の洞窟

青の洞窟は誰もが一度は耳にしたことがあるであろうカプリ島の海食洞。
カプリ島へはナポリから船で向かうことができます。
青の洞窟見学は太陽光が一番美しく反射する午前中がおすすめ。そのため、ナポリから出発するのであれば早朝のフェリーまたは高速船を使用するとよいでしょう。

カプリ島のマリーナ・グランデ港から小船に乗りかえて、青の洞窟をめざしますが、いつでも行けるわけではありません。青の洞窟は入り口が非常に狭く、船頭も観光客もみなあおむけの体勢で洞窟に入ります。
そのため、波が高い日、風の強い日、雨の日などは船が出ておらず、見学することはできません。

必ず見られるとは限らない青の洞窟ですが、比較的成功率が高いのは、6〜8月の波の穏やかな季節。この時期に挑戦するのがよいでしょう。

カプリ島は古代ローマ皇帝も別荘をおいたといわれるリゾート地です。万が一、青の洞窟に行けなくても十分楽しめますのでご安心ください。

シチリア島

シチリア島に行くなら空路、海路などがありますが、変わった体験をしたいなら電車と船を使って移動する方法がおすすめです。
ローマやナポリからシチリア行きの電車に乗りこめば、そのままシチリア島まで連れて行ってくれます。
何がおすすめなのかといえば、珍しい乗り換え方法。イタリア本土から離れる際にはもちろん乗船する必要がありますが、船に乗りかえるのは旅客ではなく、電車がそのまま船に乗せられて運ばれるのです。その間は電車内で過ごしてもよいですし、船におりて過ごしても問題ありません。なかなか珍しい体験ですので、よいお土産話になることでしょう。

そしてシチリアに着いたら、まずはパレルモに滞在しましょう。
さまざまな国の支配を受けたり、移民が住み着いたり、といった歴史を持つパレルモでは、歴史的建造物も『アラブ・ノルマン様式』という独特な様式を見ることができ、また食の選択肢も大変豊富です。

パレルモは世界で最も美しいイスラムの都市といわれています。世界遺産に登録されているノルマン王宮やパラティーナ礼拝堂もイタリア本土とは少し異なる趣を感じることができるでしょう。

また、アメリカの雑誌フォーブスが選ぶ「世界でストリート・フードがおいしい街TOP10」の5位に選出されたこともあり、ストリートグルメの食べ歩きも楽しい場所となっています。

世界遺産・自然遺産

ポンペイ

ヴェスヴィオ山の噴火で、一瞬で滅んだ古代の都市遺跡です。
『ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域』として1997年に世界遺産登録されています。

見どころでも触れた、ヴェスヴィオ山の噴火によって西暦79年に火山灰に埋もれてしまいましたが、当時の生活様式がほぼ完全な形で遺跡として残されています。道路整備されており、生活用品を運んだ際にできたと思われるわだちや使用した鉛管。また、娯楽施設や飲食店の後も残されており、ポンペイの文化がいかに発展していたかがしのばれます。

アマルフィ海岸

1997年に世界遺産登録されたアマルフィ海岸はソレントからサレルノまで続く半島の海岸を指します。断崖にこれでもかと建つカラフルな建物が青い海と対照的で良いコントラストとなっており、とてもフォトジュニックです。

この海岸を訪れる際に拠点となるアマルフィの街もさわやかでリゾート感たっぷりです。
アマルフィ海岸でのんびりとビーチを楽しんだ後は海岸沿いのレストランでシーフードと共にワインをたしなむといった観光プランも、アマルフィなら特別な時間になるに違いありません。

アマルフィ海岸へのアクセスは、ナポリからサレルノまたはソレントまで移動し、そこからバスを利用してください。

アルベロベッロ

アルベロベッロはバーリ南東にある世界遺産の街。
『アルヴェロヴェッロとトゥルッリ』という名称で1996年に世界遺産登録されています。
トゥルッリとは「美しい樹」という意味を持ち、アルベロベッロに立ち並ぶ、伝統家屋を指します。
しっくいを塗ったまっ白の壁と、とんがり屋根が特徴的で、まるで童謡に登場する小人でも住んでいるかのようなかわいらしさです。

トゥルッリの内部も特徴的で、基本的にはひとつの屋根にひとつの部屋というワンルームの造りになっています。
現地ではトゥルッリに泊まれるホテルなどもあるため、時間の許す方はトルゥッリ体験を楽しんでみてもよいですね。

その他の見どころ

卵城 | スパッカ・ナポリ | サンセヴェーロ礼拝堂 | 国立考古学博物館 | サンジェローナのカタコンベ | サレルノ | サンタ・キアーラ教会 | サンタ・クローチェ聖堂 | サルデーニャ島

イタリアの主要都市を探す

イタリアの近隣の国を探す

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

ページトップへ