海外旅行  >  アフリカ旅行  >  格安モロッコ旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

モロッコ旅行ならDeNAトラベルにおまかせ下さい。モロッコの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

モロッコ 格安で行ける!お得なモロッコ旅行情報が満載です。

モロッコ行きの旅行を探す

カサブランカ

モロッコの観光情報

見どころ

ジャマ・エル・フナ広場

マラケシュ旧市街の中心に位置する広場は、毎日大勢の地元の人たちや観光客でにぎわいます。別名「お祭り広場」とも呼ばれており、夕方になると毎日たくさんの屋台で埋め尽くされて、モロッコの伝統料理を格安で堪能できます。名物のオレンジジュースは、注文してから目の前で絞ってくれるフレッシュさが人気。また、大道芸人のパフォーマンスも有名で、至る所に人垣ができます。すぐ横には12世紀に建てられた高さ69mの「クトゥビアの塔」がそびえて、広場を見下ろしています。

【所在地】
Jamaa el Fna, Square of Marrakech, Marrakech 40000, Morocco
【アクセス】
マラケシュ駅からタクシーで5分

シェフシャウエン

北部リフ山の麓にある小さな町。旧市街のメディナは街全体が水色から深い青色に塗られていて、幻想的な雰囲気に包まれています。まるで迷路のような小路が連なっていて、地図を持たずに散策するのも楽しいです。街の中心にある広場にはレストランやお店が集まり、美しい街並みを眺めながら食事を楽しむことができます。ジュラバと呼ばれる民族衣装を着た男性が散歩していたりと、モロッコに来たと実感できますよ。

【所在地】
Chefchaouen, Morocco
【アクセス】
フェズもしくはタンジェからバスで約3時間から4時間

世界遺産・自然遺産

アイット・ベン・ハドゥの集落

モロッコ中部の町ワルザザードの近郊に、ベルベル人によって造られた要塞村で、1987年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。盗賊の襲撃から身を守るために造られた要塞で、「とりで」を意味する「カスバ」とも呼ばれ、集落には日干しレンガの住居が並びます。敵の侵入に備えて入口はひとつしかなく、細い通路はまるで迷路のように入り組んでいます。今は住居の一部が土産物屋になっていて、内部を見ることができます。「アラビアのロレンス」や「グラディエーター」の撮影が行われたことでも有名です。

【所在地】
Ait Ben Haddou,Moocco
【アクセス】
ワルザザードからバス

フェズ旧市街

かつてベルベル人のイドリース朝の王都で、今も中世そのままの面影を残しています。この街の旧市街・メディナも迷路のように複雑に入り組んでいて、交通や輸送のためのロバやラバも見かけます。「タンネリ」と呼ばれる革なめし職人の工房が集まる地域は、革特有の獣臭や染色剤のにおいが混ざり合い鼻を覆うほど。建物の壁やドアは装飾タイルやモザイク、アラベスク模様が施されていて大変美しく、中世イスラムの世界に迷い込んだような錯覚を覚えます。1981年に世界遺産に登録されました。

【所在地】
Central Fez, Fes 30000, Morocco
【アクセス】
カサブランカから電車で4時間

名物グルメ

タジン

陶器で作られた円すい形の土鍋「タジン」で料理されるものを総じてタジンと呼びます。素材の水分をじっくりと引き出す調理法で、肉や魚が驚くほど柔らかくなり、うま味も凝縮されます。チキンタジンや魚のタジン、ミートボールタジンなどさまざまな種類があります。モロッコのパン「ホブズ」がセットで出てくるので、タジンを食べ終わった後には鍋に残った煮汁をパンに浸して食べてみてください。

クスクス

クスクスとはデュラムセモリナ粉から作られ、「世界最小のパスタ」と言われます。鍋で蒸したクスクスに、大きめのゴロゴロに切った肉や野菜を長時間煮込んだスープ(シチュー)をかけて食べます。基本的には大皿に盛られたクスクスをみんなで囲んで手で食べますが、観光客がレストランで注文する際には一人ずつのサイズで出され、スプーンも添えられます。モロッコでは毎週金曜日に家族でクスクスを食べる習慣があります。

人気のお土産

バブーシュ

モロッコで作られる革製の履物で、スリッパのようにかかとをつぶして履くのが特徴です。シンプルなものや刺しゅうを施したもの、男性用・女性用・子供用とサイズや色も豊富です。室内用と外用の区別がないのでどちらでも使用できます。モロッコを訪れたら自分用やお土産用にひとつ選んでみてはいかがですか。

モロッコの旅行特集を探す

モロッコの基本情報

地中海に面したアフリカの国モロッコはヨーロッパからのアクセスも良く、多くの観光客でにぎわっています。カサブランカやマラケシュなどの大都市、フェズやシェフシャウエンなどの歴史を感じる街など魅力がいっぱいです。また、サハラ砂漠のツアーは大変人気があり、ラクダに乗ったり、砂漠で宿泊したりできます。

正式国名 モロッコ王国
面積 44.6万平方キロメートル(日本の約1.2倍,西サハラ除く)
人口 3,392万人(2015年)
首都 ラバト
言語 アラビア語、ベルベル語
フランス語も広く使われ、北部ではスペイン語も通じる
通貨 モロッコ・ディルハム(MAD)
物価 1モロッコディルハム(MAD)=10.18円(2016年9月現在)。

日本に比べてかなり物価が安く、外食時にタジンやクスクスを注文すると30から80MAD、サンドイッチなどの軽食なら10から20MAD程度で済みます。
宿泊費は高級なホテルだと日本円で2万円以上かかりますが、安い宿での滞在なら1泊700円から3千円程度です。
チップ モロッコでは宗教観に基づき、チップが生活に根付いています。
レストランなどで食事をする場合は食事代の10%程度、ホテルでポーターに荷物を運んでもらったら10MAD、チェックアウト時には一人当たり10MAD程度を渡します。あらかじめサービス料が含まれている場合は、チップは必要ありません。
気持ちの良いサービスを受けたと感じたら、1から20MAD程度のチップを渡しましょう。
※チップの金額はあくまで目安です。
時差 マイナス9時間
サマータイムあり(マイナス8時間)
飛行時間 乗継便で約16時間以上
ビザ 【ビザ】
3カ月以内の滞在の場合は不要

【パスポート】
3カ月以上の有効残存期間が必要

※情報は予告なく変更されることがあります。
気候 四季があり、観光のベストシーズンは気候が穏やかな春と秋です。ただし、朝晩は冷え込むので、カーディガンやジャケットなどを用意しておくと安心です。
6月から8月は、内陸部や砂漠地帯で日中の気温が50度以上になるところもあります。昼夜の寒暖差も激しく、暑さと寒さの両方に対応できる服装が必要です。帽子やサングラスも必需品です。
冬の日中は日本より少し暖かいですが、朝晩は氷点下になることもあるので、防寒着の用意をお忘れなく。
ベストシーズン 10月〜4月頃
政府観光局 【住所】
東京都港区南青山5-4-30

【電話番号】
03-5485-7171

【URL】
http://www.morocco-emba.jp/index.html
国際電話番号 212

モロッコの日常会話

こんにちは アッサラームアレイコム
こんにちは(返事) ワ アレイコムサラーム
おはようございます スバーハルヘイル
こんばんは メサーウルヘイル
はい イィエ
いいえ ラッ
トイレはどこですか? アイナルハッマーム
いくらですか? ビカームダー
これをください アプニーハーザー
OK ワッハ
ありがとう シュクラン
さようなら ビッサラーマ

モロッコの主要都市を探す

モロッコの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ