海外旅行  >  アジア旅行  >  格安モンゴル旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

モンゴル旅行ならDeNAトラベルにおまかせ下さい。モンゴルの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

モンゴル 格安で行ける!お得なモンゴル旅行情報が満載です。

モンゴル行きの旅行を探す

モンゴルの観光情報

見どころ

フブスグル湖

フブスグル湖はロシアとの国境に近い針葉樹林に囲まれた淡水湖です。透明度の高さは世界第2位。「モンゴルのスイス」という愛称がつくほど景観に優れ、夏になると辺り一面に花が咲き誇ります。

フブスグル湖周辺にはツァータンと呼ばれるトナカイ遊牧民が暮らしているため、フブスグル湖へ行くツアーの中にはトナカイに会うプランが組み込まれているものもあります。

ガンダン寺院

首都ウランバートルの中心部に近い場所にあるガンダン寺は、1838年に活仏ボグドハーン5世によって作られたチベット仏教寺院です。

観音堂に安置されている観音様にお祈りしますと、目を治してくれる力があると伝えられています。観音様の周りを取り囲んでいるのはマニ車と小さな仏像。このマニ車を回しますと、お経を唱えたのと同じ功徳があるとされています。

世界遺産・自然遺産

モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

モンゴル・アルタイ山脈に位置するバヤン・ウルギー県にまたがる3カ所の岩絵遺跡群。当時の北アジアの生活様式を描いたものとして、歴史的に大変価値のある遺跡です。紀元前11,000年から紀元9世紀の長い年月をかけて、そこに住む人々によって残されました。

マンモスやダチョウ、ヘラジカなどの大型動物を狩る人間の姿が描かれています。時代がたつにつれて、馬を使った遊牧生活の様子や武装した騎馬像なども見られ、時代の変遷がうかがえます。

オルホン渓谷の文化的景観

2,000年もの年月をかけた、遊牧民の貴重な文化を残す目的で2004年に登録された世界文化遺産。ウランバートルの西方約400キロメートル、モンゴル中央部のオルホン川の両岸にまたがる地域には、歴代の遊牧民族が帝国を築いてきました。

中でも有名なのが、13世紀から14世紀にチンギスハンの息子によって築かれたモンゴル帝国の都カラコルムです。今もカラコルム遺跡や遊牧民最古の文字を記した「突厥(とっけつ)文字」などを見るために、多くの観光客が訪れています。

名物グルメ

モンゴルボーズ(モンゴル餃子)

モンゴルの餃子は羊の肉を使ったものが基本。蒸し餃子が一般的ですが、水餃子や揚げ餃子にして食べることもあります。

野菜はあまり入れずに、ほとんど肉類のみで作られた餃子はボリューム満点です。もちもちとした食感に、ついつい手が止まらなくなります。

ホルホグ

ホルホグは新鮮な羊や山羊のかたまり肉と玉ねぎ、人参、ジャガイモなどの野菜を、熱々に焼けた石と交互に大きな缶の中に入れて蒸し焼きにした豪快な料理です。モンゴルの伝統料理のひとつで、屋外で調理されます。

焼け石の遠赤外線効果で素材にじっくりと熱を通すため、うま味が凝縮して病みつきになるおいしさです。

人気のお土産

モンゴル岩塩

モンゴルのお土産として有名なモンゴル岩塩。きれいなピンク色をした天然塩はミネラルたっぷりで、料理のアクセントやバスソルトとしても使用できます。モンゴルの人は喉が痛い時に岩塩水でうがいをしたり、胃が痛い時にお茶に入れて飲んだりするそうです。

モンゴルの旅行特集を探す

モンゴルの基本情報

モンゴルは北をロシア、東と南を中国に囲まれた内陸国です。国土の約80%を草原地帯が占め、そこには遊牧民が住居ゲルで移動しながら生活しています。

一方、首都のウランバートルはレストランやカフェ、ホテル、お店など近代的な建物が立ち並ぶ大都会。交通も発達していて観光の足に困ることはありません。遊牧民族の歴史ある史跡を巡ったり、ウランバートル市内の寺院を巡ったり、また、草原や砂漠で現地の人々や動物たちと触れ合う旅が充実することでしょう。

正式国名 モンゴル国
面積 156万4,100平方キロメートル
人口 約306万1,000人(2015年モンゴル国家登記・統計庁調べ)
首都 ウランバートル
言語 モンゴル語,カザフ語
通貨 トゥグリグ(MNT)
物価 1トゥグリク=¥0.04(2016年8月現在)
モンゴルの物価は日本と比べて安く感じます。特に水やタバコ、ビールなどは日本の3分の1程度。
都市部の高級レストランでも¥1,000以内で食事ができます。
ホテルの宿泊料金は、中級クラスで¥5,000から¥10,000ほど、安いゲストハウスだと¥2,000程度です。

基本的に街中でのショッピングには消費税がかかりませんが、レストランの食事代や国際電話の通話料金には、余剰価値税が15%つきます。またウランバートルでは首都法が適用され、レストランでの飲食代や宿泊料金などに1%の税がかかりますので、旅行者は注意が必要です。
チップ モンゴルでは基本的にチップは必要ありません。
ウランバートルなど都市部の高級なホテルやレストランでは、あらかじめサービス料が料金に含まれている場合があります。

ただし、もしも気持ち良いサービスを受けた時には、日本円で2,000トゥグリグから5,000トゥグリグ程度のチップを渡してもいいでしょう。
ツアーで遊牧民のお宅を訪問する場合には、お金ではなく、お菓子などのお土産を持参しましょう。

※チップの金額はあくまで目安となります。ご了承ください。
時差 ウランバートルでマイナス1時間、西部はマイナス2時間
飛行時間 直行便で約5時間30分
ビザ 【ビザ】
観光目的で30日以内の滞在であればビザは不要。ただし、出国用の航空券か乗車券が必要。
入国カードと、必要な場合は税関申告書を入国時に提出します。

【パスポート】
入国時に6カ月以上の有効残存期間と査証欄の余白2ページ以上が必要です。

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。
気候 モンゴルは大陸性気候で乾燥しており、年間の降水量は日本の3分の1程度です。

春:1年のうちで気候が最も不安定な時期です。吹雪や突然の砂嵐が吹くなど、変化が激しい季節です。

夏:最高気温は30度を超える日もありますが、乾燥してカラッとしているため意外と過ごしやすいです。しかし、昼間と朝昼の寒暖差が激しく、突然の夕立に見舞われることもあります。レインコートと帽子は必需品です。

秋:天候が安定していて、晴天が続く季節です。9月頃から肌寒くなり、地方によっては雪が降ることもあります。10月はきれいな紅葉の季節です。

冬:平均気温がマイナス10から16度ほどですが、乾燥しているため、防寒着を着込むとそれほど寒さを感じません。
ベストシーズン 夏にあたる6月から9月頃。朝晩、天気によって気温差がありますが、1年で最も過ごしやすい時期です。
日本国内大使館 【住所】
東京都渋谷区神山町21-4

【電話番号】
03-3469-2088

【URL】
http://www.tokyo.embassy.mn/jpn/
国際電話番号 976

モンゴルの日常会話

こんにちは ※()内は複数の人に対して サェン バェノー(サェン バェツガーノー)
ありがとう バイラルラー
空いている部屋はありますか? ソル ウル バェノー?
これを預かってほしいのですが ビー エニーグ ハドガローラハ ゲスン ユム
メニューを見せてください ホールニー ツェス ウグノー
お会計をお願いします オドー トーツォーゴー ヒーイー
これは何ですか? エン ヨー ウェ?
私は日本人です ビー ヤボン フン
日本語を話せる人はいますか? ヤポンヘル ヤリダク フン バェノー?
これをください ビー エニーグ アウヤー

モンゴルの主要都市を探す

モンゴルの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ