ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行に使うのに最適なスーツケース・キャリーケースの選び方

スーツケース・キャリーケースの選び方

海外旅行に使用するスーツケースやキャリーケースですが、初めて購入される方にとっては、種類もサイズも色々な物があり迷ってしまうのではないでしょうか。
しかし、見た目だけで選んでしまうと、「思ったよりも荷物が入らなかった」のように後悔する可能性が高かったりします。
そこで今回は自分に最適なスーツケースが選べる様にご紹介します。

スーツケースやキャリーケースを決めるときの最重要ポイント

海外旅行用のスーツケースで大事なことはまずは軽いことで、次に頑丈さをチェックしましょう。航空会社によって細かく制限や規定が異なりますが、1人1個の預け入れ荷物は20キロ以内という会社がほとんどです。

なかにはスーツケース本体の重さを考慮して21~23キロと設定している航空会社もありますが、既定の重量を超えてしまうと容赦なく手荷物超過料金を徴収されてしまいます。お店で持ってみたときには軽く思っても、実際に荷物を詰めると予想以上に重くなるので、軽くて丈夫なスーツケースを選ぶことが重要です。

また、鍵の掛け方や付属される鍵の個数、スーツケースの中やハンドキャリーがきちんと上下するか、タイヤがスムーズに動くかなども必ず確認しましょう。

スーツケースやキャリーケースの大きさを選ぶ際のポイント

スーツケースやキャリーケースにはS・M・L・LLと4種類のサイズがあり、滞在日数や荷物の量を基準に選びます。2泊3日程度であれば1番小さいサイズのSサイズが便利で、縦・横・厚さの合計が50センチまでであれば機内への持ち込みが可能です。手荷物の受取時間を省きたい方や荷物を手放したくない方におすすめです。

3~5泊にはMサイズ、一般的な海外旅行へ行く方が使用されているのが5~7泊のLサイズ、7泊以上の長期滞在にはLLサイズがおすすめですが、荷物の量が多い方や現地でたくさん買い物をされる方には、ジャストサイズよりもワンサイズ大きめの物が良いでしょう。ただし、スーツケースが大きいからと荷物を詰め込み過ぎると重量が超過してしまうので要注意です。

スーツケース・キャリーケースには目印を付ける

スーツケースもキャリーケースも一様に似た色と形の物が非常に多く、手荷物受取所で自分の物と他人の物が間違われたり、どれかわかりにくいということはよくあります。そのため、海外旅行に行く前に必ずわかりやすい目印を付けておきましょう。ベルトを個性的な色にしたりスーツケースに大きめのステッカ-を貼ったりするなどがおすすめです。

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする