ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

あれば最強!海外旅行の強い味方モバイルバッテリー

海外旅行の強い味方モバイルバッテリー
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行で知らない土地に行き、言葉も通じないところで頼りになるのはスマートフォン。カメラ代わりに使う人も多いと思います。いつもより多く使うと電池の減りが早くなって困ります。そんな時に便利なのがどこでも充電できるモバイルバッテリーです。

海外に持っていけるモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは種類によって海外に持ち運べないものもあります。リチウムイオン電池を使用しているモバイルバッテリーは機内への持ち込み、預け入れに制限あります。ニッケル水素電池のタイプなら制限がありませんので、状況に応じて選びましょう。

確認するにはモバイルバッテリーの本体を見ましょう。「Li-ion」と表示されている物がリチウムイオン電池を使用しているモバイルバッテリーです。
「Ni-MH」と表示されている物はニッケル水素電池を使用していますので、安心して海外にも持っていけます。

使えるモバイルバッテリーの種類

最近ではモバイルバッテリーの種類も増えています。
小さくコンパクトなものは一見便利に思えますが、充電式で一回しか充電ができないものが多いです。こうなると、スマートフォンだけでなく、モバイルバッテリー本体の電池残量も気にしなくてはなりません。そのため、少し大きくて荷物になってしまいますが、大容量のモバイルバッテリーの購入をおすすめします。

海外旅行先のホテルで部屋にプラグの数が少なく、スマートフォン・デジカメ・モバイルバッテリーと複数の機器を同時に充電することが難しい場合もあります。
短期の旅行であれば大容量モバイルバッテリーで十分。国によっては電圧の関係で充電できない場合もありますので、そういった意味でもおすすめです。

こんな時に便利!モバイルバッテリーを使うタイミング

海外ではどのようなタイミングでモバイルバッテリーを使えばよいのでしょうか。普段からモバイルバッテリーを使う人ならば持ち運びにも慣れていると思いますが、普段全く使わないという人は、持ち歩くことすら忘れてしまうかもしれません。

持ち歩いた方がいいタイミングとしては、町歩きをする予定の日や、買い物をする日が良いでしょう。知らない土地で目的地に行くにはスマートフォンの地図アプリなどが役に立ちます。
また、観光名所でたくさん写真を撮ったりしますと、あっという間にスマートフォンの充電がなくなってしまうことも多いです。
そんな時にモバイルバッテリーがあると便利ですし、スマートフォンの電池残量を気にする事なく使う事ができます。

持ち歩かなくてもいいタイミングとしては、海でアクティビティを楽しむ日や、スノーボードなど野外で活動する日はあまりモバイルバッテリーを使う事はないでしょう。

まとめ

モバイルバッテリーはとても便利ですが、場合によって持っていくものを変更する方が得策です。
低用量のものはコンパクトで持ち歩きに便利ですが、充電の頻度が高く使い勝手が悪い場合もあります。

一方で大容量のものですと充電の頻度が少なく便利ですが大きくて、少し荷物になるでしょう。

どちらにせよメリット、デメリットはありますが、モバイルバッテリーをお持ちの方は海外旅行に持って行く方がよいでしょう。

SNSでフォローする