ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行に必要な現金の目安は?旅行に必要なお金と管理方法について

旅行に必要な現金の目安は?
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行の際にいくらお金を持っていくかどうかは悩ましいところ。実際どれくらい現金を持っていけばいいのか気になる方もいるでしょう。今回は、どれくらい現金を持ち歩けばよいのかの目安と、お金の管理方法についてご紹介します。

現金はいくら持っていけばいい?

持っていくべき現金の目安は「1日○○○○円×滞在日数+予備」です。

旅行の目的にもよりますが、クレジットカードを活用することを前提に、大人1~2人分で、海外通貨5万円程度を用意しておけば十分でしょう。特別に買いたい趣味・嗜好品がある場合は、ショッピング代として別途用意しておきましょう。

旅行の平均予算

旅行のタイプ 旅行プラン(商品)に含まれているもの おすすめの予算
パッケージで申し込みをした海外ツアー 飛行機、ホテル、食事 1日1,000円×滞在日数
海外航空券+ホテルのみを予約した旅行 飛行機、ホテル 1日5,000~10,000円×滞在日数
海外航空券のみを予約してホテル代などを現地で払う旅行 飛行機 1日10,000~20,000円×滞在日数

なお、現金や小切手など100万円以上を携帯して海外へ持ち出す場合は、事前に税関に申告する必要がありますので注意しましょう。

クレジットカードも忘れずに!

海外旅行の際、忘れてはならないのがクレジットカード。海外では「身分証明証」として使うことができ、一枚持っていると重宝します。クレジットカード機能として海外旅行保険サービスなどがついているものもあるため、持っていないという方はこれを機に一枚作るのもよいでしょう。

また国際キャッシュカード対応のキャッシュカードを持っていると、現地のATMを通じて自分の口座から直接通貨を引き出すことができます。渡航先で日本円から両替ができないときなどにとても便利です。

海外のATMでお金を引き出す

銀行からお金を下ろす場合は、海外の空港やホテル、銀行、街角に設置されているATMから行いましょう。クレジットカードや銀行の国際キャッシュカード、VISAデビットカードで、現金を引き出すことができます。

注意点として、渡航先によっては対応していないカード会社もあるので、お金を引き出すことができるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

ATMからお金を引き出す際の注意点

銀行の国際キャッシュカードやデビットカードの場合は、自分の預貯金からの引き出しとなりますが、クレジットカードだと借り入れになりますので、利子がつきます。手数料が自動的に計上される場合や、取引額の上限の設定もあるので注意が必要です。

渡航先のお金は事前に準備

日本を出発する際、現地到着後の空港からホテルまでの移動費や、簡単な飲食代をまかなえる程度の現地通貨は用意していくようにしましょう。

海外ではクレジットカードが使えるところが多いですが、現金も念のため持っていた方が安心です。日本の主要な銀行、郵便局、両替店、金券ショップ、空港、免税店などでは、外貨両替サービスを行っているところが多数あるので、旅行先の通貨を事前に入手しておきましょう。

財布は、日本円と現地通貨用の2種類を準備しよう!

海外旅行に行く際は、日本円用と現地通貨用の財布を別々に準備するのがおすすめです。財布を二つに分けることでお金が混ざるのを防ぐことができ、いちいちお金を入れ替えたりする必要もありません。また分けて管理することで紛失のリスクを抑えることも可能です。便利性と安全面を考慮して財布は二つ持っていくようにしましょう。

 

▼こちらもチェック
海外旅行で便利!おすすめお金管理アプリまとめ
海外旅行で使う財布の選び方、中に入れておくべきもの
準備はOK?空港で両替する際の注意点

SNSでフォローする