バリ島(デンパサール)旅行

食費やお土産代はいくら必要?バリ島の物価事情まとめ

海外旅行を計画する上で、知っておきたいのが現地の物価です。宿泊費や外食費などの相場が分からなければ、いくらお金を用意すればいいか迷ってしまいます。特にバリ島では、値引き交渉を楽しむくらいで相場を調べてもいいでしょう。

バリの通貨の物価事情

バリ島やインドネシア全土で使われている通貨はルピアといい、2016年11月のレートは1万ルピアでだいたい80円です。

バリ島の物価は、インドネシアの中では比較的割高です。ローカルなレストランや市場では安く食事や買い物が楽しめますが、高級レストランでは日本とほとんど変わりません。

お店によって変わる商品の値段

地元の市場や観光地の土産物店などは、初めて観光で訪れた人にはハードルが高いかもしれません。なぜならバリ島では、外国人料金を使い分けてくるからです。そもそも定価がついていない場合もあるので、かわいい雑貨をみつけても、価格交渉をするところから始める必要があることも。

同じ品物でも、地元のものか?輸入品か?お店の場所がどこにあるか?で値段が変動してくるので、近くのお店をまわって値段を比べてから買いたいですね。ブティックやスーパーマーケットなどで買い物する場合は、価格が明記されているので迷うことは少ないでしょう。

食べ物や飲み物のお値段相場は?

ローカル向けの小規模なお店・ワルンでは、バリ・コーヒーは3千ルピアほど。ミネラルウオーターも同じくらいの値段で手に入ります。ナシゴレンを食べても1万ルピアで済むでしょう。

しかし、レストランでナシゴレンを頼むと3万5千ルピアはかかります。さらにホテルのダイニングでは、10万ルピアまではね上がります。つまりホテルのレストランを毎食利用していれば、出費はどうしても大きくなると考えましょう。

ただし屋台で取る食事には、食中毒にかかる可能性もあるので、安い代わりにそれなりのリスクがあることも忘れてはいけません。

宿泊費や交通費はどのくらいかかる?

リゾート気分満点の海を望むヴィラは憧れですが、それだけにお値段もお高め。4泊6日で宿泊すると、1人当たり20万円を超えてしまいます。それと比べれば、外国人旅行者だけが使うようなホテルでも、日本よりはいくぶん安く済むでしょう。

ローカルな交通費は日本の5分の1程度と考えると分かりやすいでしょう。タクシーの初乗りは7千ルピア、乗り合いバスは3千5百ルピア程度です。

※本記事は2016年12月時点の情報です

あわせて読みたい

バリ島(デンパサール)旅行を探す

更新日:2018/07/20

バリ島(デンパサール)旅行を検索する

この記事のキーワード

インドネシアのまとめ

バリ島(デンパサール)の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ