海外旅行  >  アジア旅行  >  格安ウズベキスタン旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

ウズベキスタン旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。ウズベキスタンの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

ウズベキスタン 格安で行ける!お得なウズベキスタン旅行情報が満載です。

ウズベキスタン行きの旅行を探す

ウズベキスタンの観光情報

見どころ

ミル・アラブ・メドレセ

1536年に建造されたこのメドレセ(神学校)は、巨大なアーチ門と両脇にそびえる2つの巨大ドームがシンボルです。青と白の美しいモザイク模様は植物文様と文字文様が精緻に組み合わされた、ティムール様式となっています。

旧ソ連時代から開校を許可されている数少ない神学校で、現在もアラビア語、コーラン、イスラーム法などが学ばれています。1階は教室や図書館など、2階は生徒の寄宿舎となっています。
内部に入る事はできませんので、外から見学するのみとなります。見学の際には生徒の邪魔にならないよう静かに見て回りましょう。

シヤブ・バザール

サマルカンドのビビ・ハヌム・モスクに隣接するシヤブ・バザール。2000年以上ものシルクロードの歴史を感じることができる庶民の市場です。

市場内にはパンや肉、野菜、果物などありとあらゆる食料品が並び、毎日活気にあふれています。
中には帽子や衣料品などを扱うお店や、ウズベキスタンのお土産を売るお店もあります。お土産選びに迷ったらこの市場を訪れてみるのもいいでしょう。

世界遺産・自然遺産

サマルカンド

サマルカンドはウズベキスタンの第2の都市で、かつてはシルクロードの中心都市として大変栄えていました。
“青の都”、“イスラーム世界の宝石”などと美しい異名を持つこの街は、前身の街『マラカンダ』の時代からオアシスとしても大変愛されています。

東西の文化が融合して造られた都は2001年に世界遺産に登録され、当時の王が愛したブルーを基調にモスクや高等教育機関のメドレセなどが建築されています。

旧市街にそびえるグーリー・アミール廟は、青く澄んだドームと黄金に輝く内装が美しい王の墓です。精緻なモザイクが施されたタイルは必見です。

イチャン・カラ

1990年に世界遺産に登録されたイチャン・カラは、カラクム砂漠入口のヒヴァという街にある遺跡です。
この遺跡は外壁と内壁の二重の壁で守られたかつての王都で、イチャン・カラは内城の旧市街のことを指します。

かつて東西交易の中継地として栄えた旧市街には、モスクや神学校が20以上、ミナレットが6基現存しています。他にもかつて王が居住していた宮殿や213本の柱が林立しているジュマ・モスクなど、イスラム建築の美しさを見ることができる貴重な遺跡です。

名物グルメ

シャシリク

シャシリクはウズベキスタンで定番の串焼き料理です。バザールでもよく売られていますので、簡単に手に入れることができます。

羊や牛、鶏などのお肉を串に挿して香ばしく焼き上げています。基本的には生玉ねぎのスライスに酢をかけたものと一緒に食べるため胃にもたれず、さっぱりといただけます。おやつのつもりでいたのに、つい食べ過ぎて夕飯が食べれない!なんてならないように気をつけてくださいね。

マンティ

中央アジアではよく食べられる饅頭の一種です。
羊や牛のひき肉と玉ねぎを香辛料・塩などで味付けした具材を、小麦粉で作った皮に包んで蒸した肉饅頭で、中の具材がかぼちゃに変わるなど、季節や地方によっていろんな種類があります。

ヨーグルトソースやサワークリームをかけて食べることが多いですが、中にはトマトベースのソースを選ぶことができるお店もあります。

人気のお土産

ウズベキスタンの布製品

ウズベキスタンでは母から娘へと伝統的に伝えられる『スザニ』と呼ばれる刺繍製品があります。
繊細な細工が施された刺繍は一点一点手作りなので、世界に一つしかないお土産として喜ばれるでしょう。また、羊毛から作られたフェルト製品には、ポットカバーやなべ敷き、スリッパなど様々な種類がありデザインもかわいいものが揃っています。

ウズベキスタンの旅行特集を探す

ウズベキスタンの基本情報

中央アジアの内陸に位置するウズベキスタン。かつては、東西の交易路シルクロードの中継地として大変栄えた歴史があります。
かつての栄華を偲ばせる遺跡や建造物が今も数多く残っており、世界中からたくさんの観光客が訪れています。アラブとアジアの文化が融合した幻想的な美しさが魅力の国です。

正式国名 ウズベキスタン共和国
面積 44万7,400平方キロメートル
人口 2,940万人(2015年:国連人口基金調べ)
首都 タシケント
言語 公用語はウズベク語、ロシア語もある程度通じます
通貨 スム
物価 1スム=¥0.04(2016年12月現在)
ウズベキスタンの物価は、日本と比べると安く感じるでしょう。500mlのミネラルウォーターで900〜1,000スム程度、500mlのビールは1,000〜6,000スム程度、レストランなどで注文するランチセット(スープ、サラダ、メイン、ドリンク付きの一般的なもの)は20,000〜40,000スム程度です。
チップ ウズベキスタンではチップの習慣が根付いていませんが、観光客の多いレストランやホテルなどでは支払うことがあります。

○レストラン
飲食代金の10〜15%程度。ただし料金にサービス料が含まれている場合は支払う必要がありません。

○ホテル
気持ちの良いサービスを受けたと感じた場合は、ポーターやルームメイドに1USドル程度を支払いましょう。

○タクシー
基本的にチップは必要ありませんが、大きい荷物を運んでもらった際などには支払うのがスマートです。

※チップの金額はあくまで目安となります。ご了承ください。
時差 マイナス4時間
飛行時間 直行便で約5時間30分
ビザ 【ビザ】
観光用ビザが必要です。観光用ビザによる滞在可能期間は最長30日までとなっています。

【パスポート】
出国時に6ヵ月以上の有効残存期間が必要です。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要です。

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。
気候 気温は日本とそれほど変わりませんが、年間を通して降水量が少ないのが特徴です。春と秋は過ごしやすく、カーディガンなど上から羽織れるものを用意しておくと安心です。
夏は40度以上の猛暑になることもあります。サングラスや帽子などの日差し対策をしておきましょう。冬は日本よりも寒くマイナスになる日もあるので、ダウンジャケットなど防寒対策が必要です。
女性は保湿用の化粧水やクリームなどを準備する事をおすすめします。
ベストシーズン 4月〜5月、9月〜10月
四季の移り変わりが日本と似ているため、日本で過ごしやすい季節に行くのがベストです。
日本国内大使館 【住所】
東京都港区高輪2-1-52

【電話番号】
03-6277-2166

【URL】
http://www.uzb-emb.jp/
国際電話番号 998

ウズベキスタンの日常会話

おはよう ハイルリ トン
ありがとう ラフマット
英語を話せますか スィズ イングリズチャ ティルダ ガピラスズム
メニューをください メニゥヌ ベリング
トイレはどこですか ホジャットホナ カイェルダ
これはいくらですか ブニング ナルッハ カンチャ
助けてください ヨルダム ベリング

ウズベキスタンの主要都市を探す

ウズベキスタンの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ