海外旅行 > アジア > ベトナム >  ベトナム観光 > ベトナム旅行の北部観光情報

ベトナム観光ならDeNAトラベルにおまかせ!ハノイ、ハロン湾など見どころ豊富なベトナム北部の観光情報ガイドです。

ベトナム 格安で行ける!お得なベトナム旅行情報が満載です。

ベトナム北部の観光情報

見どころ

ハノイ

1000年以上にわたり首都として栄えてきた首都のハノイには、各時代の歴史的建造物が多く残されています。李朝時代に建てられたお寺をはじめ、フランス統治時代の建築物、ベトナム戦争時代の収容所などベトナムの歴史を語るのにハノイは切り離せない街です。

近年では観光地化もすすめられており、建物は整備されてきています。ハロン湾やニンビンに行く場合には観光拠点としても利用できます。

ハノイ36通り

ホアンキエム湖の北側に位置する旧市街。人々があふれ活気ある市場、バイク渋滞のできる道路など、その混沌とした様は日本人がイメージするベトナムをそのまま切り取ったよう。

ハンドゥオン通りは、ドライフルーツが豊富、ハンバック通りは銀のアクセサリー屋さんが並ぶなど、通りによって全く異なる風景が見られるのも魅力。毎週末にはナイトマーケットも実施されます。

ドンラム村

ドンラム村はハノイの西45kmほどにある小さな村ですが、ベトナムの世界遺産候補として静かに注目されています。その理由は、昔のベトナムの面影を残す街並み。近年、急速に近代化が進むベトナムの中で、こちらはわらぶき屋根の家や古い板壁、レンガつくりの小道など昔ながらの景観を残しています。

数百年以上前に作られた家屋などもあり、これらは修復と保存を繰り返しながら、世界遺産登録を目指しています。ドンラム村の保存には奈良文化財研究所、昭和女子大学、JICAなども協力しています。こんな場所で日本とベトナムのつながりを感じられるのはたいへん興味深いですね。

ドンナム村まではハノイからバスで訪れることができます。エネルギッシュなベトナムとはまた違う一面を見に、出掛けてみてはいかがでしょうか。

世界遺産・自然遺産

ハロン湾

海の桂林とも言われる景勝地。人気なのはその壮大な景色をゆっくりと堪能するクルージングです。

あまりにも規模が大きいため、日帰りではすべて見回ることはできません。時間があるようであれば洋上ホテルに宿泊するクルージングツアーもおすすめ。現地で予約することも可能です。

ホー王朝の城塞

ハノイから南に130kmの場所にホー王朝の城塞はあります。ホー王朝はわずか7年で消えた王朝。チャンパ王国が1000年以上続いたことを考えると、どれだけ短い期間だったのかということがわかります。

しかし、7年の中で作られたホー王朝の城は当時東南アジアの中で最大級で、数カ月で建造されたと言われています。城は残存していませんが、石造りの城門がわずかに残されています。

タンロン王城遺跡中心地区

こちらは11世紀〜19世紀までの間栄えていたタンロン王朝の城です。ハノイの中心部、旧市街の西側に位置しており、たいへん観光しやすい世界遺産です。公開されているのは遺跡の一部で入れない場所もありますが、ハノイに滞在中ならぜひとも訪れましょう。

夜は美しいライトアップがあるので、昼夜に分けて訪れるのも楽しいです。

チャンアンの複合景観

ベトナムで唯一、複合遺産認定を受けるのがこちらのチャンアンの複合景観

チャンアン周辺の土地は元々は海底にありました。底に魚などの生物の死骸が堆積し続けた結果、石灰質の層ができあがり、それが隆起して、地上となりました。さらに、降る雨や流れる地下水によって石灰岩は削られてゆき、現在のカルスト地形が作られています。

チャンアン周辺には鍾乳洞がいくつもあり、現地ツアーではこれらの鍾乳洞を手こぎボートで巡ります。
その他、世界遺産にはタムコック、ビックドン、古都ホアルーなどが含まれており、これらの主要なスポットも見学することができます。

その他の見どころ

サパ | ラオカイ | ランソン | ハイフォン | ディエンビエンフー

ベトナムの主要都市を探す

ベトナムの近隣の国を探す

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

ページトップへ