ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行の機内でトラブル回避!英会話のフレーズまとめ

飛行機内の英会話まとめ
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

飛行機内でのトラブルを英語で伝えられず、嫌な思いをしたことはありませんか。
せっかくの海外旅行ですのに、飛行機内での不快感を我慢しますと、楽しい気分が半減してしまいます。たまの機会にそのようなことは避けたいものです。
今回は、飛行機の中でよく起こる出来事・シーン別に、よく使う英会話フレーズをご紹介します。何か困ったことがあれば、気後れせずに、この英会話フレーズを使ってみましょう。

1. 人を呼び止めるとき

Excuse me.

何はともあれ、このひと言で相手を呼び止めましょう。
乗務員に何かを相談したい場合には、このフレーズの後に意思を伝えましょう。英語で伝えるのが難しい場合にはボディーランゲージでもかまいません。

2. 自分の席が分からないとき、乗務員に尋ねる

Where is my seat?

Excuse me.の後、乗務員があなたのことを見たら、こう言って搭乗券を差し出しましょう。
すると、搭乗券に書かれた座席番号を見た乗務員は、あなたに座席まで行くルートを手で教えてくれるか、連れて行ってくれます。通路で迷っているなら、気後れせずどんどん聞いてみましょう。

3. 自分の座席に他人が座っているとき

It’s my seat.

Excuse me. と声を掛けた後にこの言葉を伝え、搭乗券に書かれた座席番号と、頭上にある座席番号を指さしましょう。
あなたの座席に座っている人は、「間違っていない」と思って座っていますので、声を掛けにくいかもしれません。しかし、思い切って声を掛ければ冷静に対応してくれるはずです。勇気をもって伝えましょう。

4. 寒くて毛布が欲しいとき

Can I have a blanket?

乗務員を呼び止めて、このフレーズを言えば毛布を持ってきてくれるでしょう。
飛行機は上空を飛んでいますので、機内が寒いことがあります。そんなときは毛布をもう1枚重ねたい、脚や上半身にもう1枚欲しいと思うのではないでしょうか?
こんなときには、乗務員にCan I have another blanket? (毛布をもう一枚いただけませんか)と言って頼んでみましょう。

5. 水や入国カードを乗務員にお願いするとき

水が欲しいとき
Can I have some water?

入国カードが欲しいとき
Can I have an arrival card?

というフレーズを使いましょう。
飛行機の機内は空気が乾燥していますので、水を飲みたくなることがあります。こんなときに乗務員にお願いしましょう。Excuse me.と言ってからのほうが丁寧です。

入国カードは、たいていの場合は乗務員が機内を配って回ります。しかし、あなたが寝ていてカードを置いていかなかった、乗務員が忘れていた、などで手元にない場合があります。こんなときは遠慮なく乗務員を呼び止めて、上のフレーズを使ってお願いしましょう。

まとめ

比較的簡単な英会話フレーズを紹介しましたが、大事なのは、意思を発すること。
細かい文法やニュアンスを気にせずどんどん活用していきましょう。
最後に、希望する内容が伝わったら『Thaank you.』を伝えるのを忘れないようにしましょう。

SNSでフォローする