ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行の入国審査・免税で使う英会話フレーズと単語

入国審査や税関で使える英語フレーズ

日本から出発する飛行機の中では日本語が通じますが、入国審査では英語をしゃべる必要があります。
英会話といえども、入国審査や税関で使われる英語はさほど複雑なものではなく、事務的な質疑応答がほとんどです。
あらかじめ英会話を知っていると精神的にストレスもなくやりすごせます。入国審査や税関での英会話をご紹介していきましょう。

入国審査で知っておきたい英会話

入国審査は、あらかじめ記入する必要のある入国カードに加えて、パスポートの写真と本人確認をするのみの国もありますが、最低限の英語会話を覚えておけば、スムーズに入ることができます。

大きな空港であれば、1日に多くの旅行者が利用しています。
空港職員もスムーズな出入国のために、しっかりと配慮してくれることも少なくありません。そのため、英語での質疑応答といってもそれほど恐れることはありません。

入国審査での英会話

入国審査では事務的な質問がほとんどとなっています。以下では、入国審査で必ず聞かれる質問とその答えを見ていきましょう。

What’s the purpose of your visit? あなたの滞在目的はなんですか
これに対して、以下のような単語を覚えておきましょう。意味が通じれば問題ありませんので、単語のままで返しても問題ありません。
観光  Sightseeing.
仕事 business.
語学学校 language school.
ホームステイ homestay program.
家族に会いに visiting my family.
友達に会いに visiting my friends
How long will you stay in this country? この国にどれくらい滞在しますか?
こちらも簡単な答えで大丈夫です。
5日間です For five days.
2週間です For two weeks.
Where are you staying? どこに滞在されますか?
明確に答えられる場合は簡潔に答えます。説明が難しい場合には所在地が書いてあるメモなどを見せるとよいでしょう。
パリの△△ホテルに滞在します。 I’m staying at △△ hotel in Paris.

何を言っているのかわからない場合に質問するフレーズ

Pardon me? もう一度言ってもらえますか?
英会話で、何を言っているのか聞き取れるようになるには時間もかかります。日常会話のスピードが速い人も数多くおり、特にオーストラリアなどアクセントなどが強い人は、聞き取れないことも普通にあります。
わかりにくかったり、聞き取りづらかったりする場合は自然に聞き返すようにしましょう。

 

税関での英会話フレーズ

アメリカに住んでいる友人に会いに行く際、日本からのお土産を持っていく場合もあるでしょう。
その場合は事前に、免税範囲なのか、持ち込んでも良いものなのかを調べておく必要があります。アメリカに関しての規制はジェトロが日本語でまとめたものなどもあり、日本語でも確認することができます。

■日本貿易振興機構(ジェトロ)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000702/usa_immigration.pdf

免税範囲の時の英会話フレーズ

税関の英語は「customs」です。空港で荷物を受け取った後、このパネルの方に向かいます。まずはじめに、パスポートと申告書の提示が求められるでしょう。

”Your passport and declaration card please.”
“show me your passport and declaration card please.”
(パスポートと申告書を拝見します。)

その上で、以下のように質問されるかもしれません。

“Do you have anything to declare ?”
(申告するものはありますか?)

“ I only have personal belongings. “
(身の回りのものだけです。)

バックについて、具体的に聞かれた場合は丁寧に答えましょう。

“What’s in it ?” 
(中身は何ですか?)

“Gifts (presents) for my friends.” 
(友人へのお土産です。)

また、果物や植物などは持ち込みに制限がかかっていることも多いため、以下のような質問をされる場合もあります。

“ Do you have any fruit or plants ?” 
(果物、植物はお持ちですか?)

“No, nothing.” 
(もっていません。)

課税扱いのものがある場合は、以下のように受け答えしましょう。

“You need to pay duty on this.”
(これは課税扱いになります。)

“Give the declaration card to the officer. ”
(申告書を係官に渡してください。)

“Okay. ”
(わかりました。)

最後に以下のように聞かれて、何もなければ問題ありません。

“Do you have any other baggage ? ” 
“ Is there any other baggage ?”
(ほかに荷物はありますか?

“ No that’s all.” 
(いいえありません。)

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする