ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行で便利なおすすめカーナビアプリと使い方まとめ

おすすめカーナビアプリと使い方
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行に行った際、着いた先での交通手段といえば、電車、バス、タクシーがメインですよね。しかし、広範囲を柔軟に移動しながら旅行を楽しむなら、レンタカーがおすすめです。
とはいえ、知らない国を運転して旅行するとなると、心配なのは道に迷うことではないでしょうか。
今回は、そんな心配を解消する海外旅行で便利なカーナビアプリをご紹介します。

Google マップ

日本でもGoogleマップのアプリを活用する機会はたくさんあると思いますが、海外でも重宝します。
Googleマップの特徴は、カーナビ機能はもちろん、行く先の道路の渋滞具合も表示してくれる点です。また、車で途中まで運転し、駐車場から少し歩くという場合に、ナビ機能を車から徒歩に変えることも可能です。事前に行きたい先の情報をお気に入りに登録しておくと、旅先で場所を検索する必要がなく便利です。

使い方

Wi-Fiなどのインターネット環境で使えるのは日本と同じですが、海外で使う場合、オフライン機能を使い、インターネット環境にいなくてもカーナビを使うことができます。
まず旅行前に、渡航先のマップをダウンロードします。そして現地に着いたら、機内モードでGoogleマップを立ち上げるだけです。拡大・縮小も難なくでき、便利さは普段と変わりません。

[Android版ダウンロード]
[iOS版ダウンロード]

City Maps 2Go

こちらのアプリの良さは、通常のカーナビ機能に加え、行く先のエリアのレストランやカフェ情報も表示できる点にあります。また、現在地付近の施設も検索可能です。行きたい先があった際には、タップすればナビを開始します。

使い方

インターネット環境で利用可能なのはもちろん、オフラインでも利用可能です。渡航前に、行く先の地図をダウンロードしておきましょう。現地に着いたら、機内モードでアプリを開くだけでスムーズに利用できます。

[Android版ダウンロード]
[iOS版ダウンロード]

MAPS.ME

カーナビ機能として経路検索できるのはもちろんですが、行き先までの直線距離も調べられます。また、距離がマイルなどで表示されている場合、キロメートルに変更することも可能です。お気に入り機能があるので、渡航前に行く先々の場所を事前登録しておくことをおすすめします。

使い方

こちらのアプリもオフラインで利用可能です。他のアプリと同様、渡航前に地図をダウンロードしておきましょう。現地に着いて機内モードにすれば、アプリはいつでもオフラインで使えます。行きたい場所がアイコンで表示されていれば、そこをタップします。表示されなければ、行きたい先の道路上をタップして、行く先を決定させます。

[Android版ダウンロード]
[iOS版ダウンロード]

まとめ

今回紹介したアプリは、すべてオフラインで利用可能です。
ナビは使っていると分かる通り、かなりバッテリーを消費します。1日中外を観光して歩く際には、万が一のために少しでもケータイのバッテリーは節約したいものです。オフラインで利用することにより、バッテリーの消費がだいぶ抑えられるので、カーナビアプリもオフラインで使えるものをおすすめします。
どのアプリも優秀ですが、海外で運転するにあたり、どこが危険な地域かなどの表示まではされません。運転する際、その点だけはご自身で注意して、楽しいドライブ旅行にしてください。

 
▼こちらもチェック
海外旅行に免許証は必要?海外で車を運転する際の注意点
海外でレンタカーを借りる時に覚えておきたい英会話
空港でレンタカーを利用する際の注意点:返却には余裕を持とう!

SNSでフォローする