ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行先でも髪型キープ!ヘアワックスを持参するときの注意点

旅行先ではたくさんの写真をとるため、髪型をバッチリ決めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そこで必要になるのがヘアワックスなどのスタイリング剤ですよね。ただし、液体やスプレーなどは、機内に持ち込み可能なものとそうでないものがあります。今回は旅行先でも普段どおりのヘアスタイルをキープしたい人のために、ヘアワックスの機内持ち込みのルールをご紹介します。

ヘアワックスは液体物に入ります

旅行の準備をする際、持ち込めるもの、持ち込めないものを把握しておくと、荷物をまとめるときにスムーズです。国際線の飛行機に持ち込めないのは、刃物や武器といった危険物や、制限外の液体類など。機内への持ち込みはできないけれど、預け入れ荷物のなかに入れればOKというものもあります。ちなみに、ヘアワックスは液体物に入り、機内に持ち込む際には、容量に制限があります。

航空会社が定める液体とは

あらゆる液体物、ジェル、エアゾールを機内へ持ち込むときは、100ml以下の容器に入れて持ち込むルールがあります。もし100ml以上の容器を使用して容量を100ml以下にした場合は機内持ち込みNGとなります。100mlを超える容器を使うことがNGなので、飛行機内に持ち込むことができないのです。

さらに、これらの容器は縦横の合計が40cmの透明の開閉可能なビニール袋に入れて持ち込むことが決められています。ビニール袋は一人1枚までということになっていますので、注意するようにしましょう。

ヘアワックスを海外旅行に持っていく方法

ヘアワックスを機内に持ち込む場合は、100ml以下の容器に入れなければいけませんが、預け荷物としてなら、そのまま航空会社の受付で預かってもらえばOK。預け荷物に入れるほうが手荷物検査の時に面倒にならないので、特に機内に持ち込む必要がなければ、スーツケースに入れるのがおすすめです。

さらに、出国審査を通過した後のクリーンエリアで購入したヘアワックスであれば、航空機内への持ち込みは問題ありません。クリーンエリアは保安検査を通過しており、安全が保証されているからです。

トラベルサイズのヘアワックスも便利!

携帯用のヘアワックスなら、面倒な容器への入れ替えもなく、持ち運びもコンパクトで便利。基準に合致したサイズであれば飛行機内に持ち込むことは可能なので、どうしても機内にヘアワックスを持参したい方は、携帯用ヘアワックスを購入してもいいですね。

 

▼こちらもチェック
海外旅行に化粧品を持っていく時のポイント
液体物に含まれる!海外旅行で持ち物にクリームを入れる時の注意点
香水の機内持ち込みは大丈夫?海外旅行の持ち物に香水を入れる時の注意点

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする