ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

断然お得!海外旅行でSIMカードを購入する方法と注意点

海外旅行でSIMカードを購入する方法
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行の通話料金は国際電話扱いになるので高くつきます。ついうっかり話しすぎてしまい、高額請求が来てしまった、なんて経験はありませんか?今回はそんな方に向けて、現地SIMカードを購入し使用することをおすすめします。お得なSIMカード購入方法や注意点をご紹介しますので、出張や長期滞在される方は必見です。

SIMカードの利便性

現地向けSIMカードは、出張や長期滞在する方に特におすすめです。現地の国内電話という扱いになりますので、格安で通話することが可能になります。これなら、日本へ頻繁に打ち合わせの電話をする人でも安心ですね。
基本プリペイド式のSIMカードが多いので、決まった上限額分までしか使えず、話し過ぎによる料金の跳ね上がりの心配が無いのも特徴の1つです。

SIMカードを使用する際に必要なものは?

必要なものはたったの2つだけです。1つずつ見ていきましょう。

SIMフリーのスマホ

まず基本ですがSIMフリーのスマホが必要になります。機種はAndroidでもiPhoneでも問題ありません。お持ちのスマホがSIMフリー対応かどうか確認しましょう。
残念ながら、対応していなかった方は家電量販店などでSIMフリーの格安スマホを購入する必要があります。

SIMカード

SIMフリーのスマホが用意できましたら、次はSIMカードを用意しましょう。

SIMカードの入手方法

肝心のSIMカードですが、主に2つの方法で現地向けカードを手に入れることができます。

出発前に日本国内で購入

まずはいちばん簡単かつ、確実な方法からお伝えします。それは、出発前の日本国内で現地向けのSIMカードを購入する方法です。
購入場所は、空港や家電量販店、web上などで購入可能です。メリットとしては言葉の壁が無く簡単に誰でも購入ができます。
また、あまりスマホに知識が無くても日本の店員さんに聞けるので、初心者の方でも安心して購入から設定までできます。

デメリットは、現地でSIMカードを購入するよりも割高になりますし、特定の国しか使えない場合もありますので注意が必要です。

現地で購入

もちろん現地でもSIMカードは購入可能です。
この場合のメリットは、通信費をかなり格安に抑えられるという点。逆にデメリットは、日本語が通じない場合がほとんどなので、自分の語学力に自信が無い方は厳しいかもしれません。

現地でSIMカードを使用する際の注意点

現地でSIMカードに変更すると日本で使っている電話番号と変わってしまうので、よく連絡し合う人には新しい連絡先を事前に伝えておきましょう。
1日の通信制限があるために速度が遅くなるSIMカードもあるので、そのあたりも要注意です。

SNSでフォローする