ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

設定が肝心!海外旅行中にスマホで通話する時の注意点

【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外から日本に電話をかけますと、数分間話しただけでもかなりの通話料金がかかります。
そんなときは、定額プランやアプリを使用すれば料金を抑えられます。データ通信回線と電話回線は異なりますので、外国で使用する際は通話とデータの両方を設定する必要があります。今回はデータ通信と通話両方の設定の仕方と注意点について紹介します。

データ通信を遮断する

搭乗の際、機内モードに設定することは当然ですが、この設定はあくまで機内用の設定です。
データ通信だけを遮断する正式な方法は別にあります。機種によって設定の表示が異なりますが、モバイルデータ通信の項目を選択し、データローミングをオフにするというのが本来のデータ通信の遮断方法です。この設定でデータ通信回線をいったんストップすることができます。
この場合、電話の着信やSMSの受信は可能です。
基本的に着信とSMSの受信は無料ですが、添付された画像データを自動ダウンロードしている場合は無料であるとは言い切れませんのでご注意ください。通話回線も遮断したい場合は、音声データローミングの項目もオフにする必要があります。

▼こちらもチェック
知らないと高額請求される!?海外旅行での携帯電話の機内モードの使い方

通話のみの使用する

機内モードを解除してデータローミングをオフに設定しますと、データ通信のみを遮断している状態ですので、通話は可能です。通話に関しては日本にいる時とは異なり、日本から電話がかかってきて通話すると電話を受けた側であっても料金が発生します。

携帯電話会社と契約をする

「初めてなのでうまくできるか不安…」という方は携帯電話会社が提供する海外用のパケット通信定額プランなどがおすすめです。
日本で定額プランを契約してから渡航すれば、自身で設定を細かく変更する必要もありません。
安心して、インターネットや電話を利用できます。
注意点は定額制ですのでデータ通信に限りがあること。通話に関しては個別の料金が発生することです。

SIMフリーを使用する

SIMフリーの携帯電話をお持ちの方は、旅行先でSIMカードを購入して差し替えれば使用可能です。SIMは各空港でも販売しており、数日用から1カ月用など旅行の予定に合わせて選べます。海外に行く機会が多い方はSIMフリーの携帯電話を持っているととても便利です。
日本製の携帯電話でもSIMフリーのものが販売されていますので、日本にいる時は日本の携帯会社との契約をして、海外では各国のSIMカードを利用すれば、すぐに使えるのでとても重宝します。

▼こちらもチェック
断然お得!海外旅行でsimカードを購入する方法と注意点

アプリケーションを利用する

無料で通話ができるアプリもたくさんあります。Skype(スカイプ)、LINE(ライン)、Facebook(フェイスブック)などを使えば、無料の通話だけでなくビデオ通話も利用できます。無料Wi-Fiのある場所なら、多少音声の遅れや途切れがあっても比較的スムーズに会話できるでしょう。ただ、電波の状態が悪いと、つながりにくいですので、市街地など電波状況がいいところで利用してください。

▼こちらもチェック
海外旅行でスマホを使う時の設定と注意
海外旅行中にLINEを使用する時のポイントと注意事項

SNSでフォローする