ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行でスマホを機内モードに設定するメリット&その使い方について

飛行機に乗る際は、機内モード設定を忘れずに!
【PR】【期間限定】超・新春セール開催中!!航空券買うなら今が断然お得!

海外旅行に出かける際、飛行機に乗っている間は機内モードに設定していても、旅行先に到着後すぐに機内モードをオフにしていたりしませんか。海外で機内モードをオフにするとデータ通信費用が発生し、日本では使い放題であるインターネットやメールの通信料も、海外では高額になってしまうこともあります。今回は、海外旅行中のスマホの機内モードの使い方についてご紹介します。

機内モードとは?

機内モードとは、電話回線、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど、飛行機の運転に差し支えのある電波を遮断する機能です。機内モードをオンにすると、データ通信がストップし、インターネットやメール、電話が使用できなくなります。

一度この機内モードを設定すれば、飛行機に乗っていなくても、その間は電波を利用したすべてのサービスが停止されます。設定の仕方は機種によって多少異なりますが、設定中は画面の端に飛行機のマークが表示されます。機内モードをオンにしている間はデータの送受信は不可能となるため、通信料がかかることはありません。

海外で機内モードに設定すべき理由

最近の携帯電話は自動的に海外の基地局の電波をキャッチできるような仕組みになっているため、特別な設定をしなくても海外でもネットを利用することが可能です。しかし、日本の定額制で加入している通信環境ではないため、通信料や通話料が異常に高くなってしまい、後日驚くほどの金額が請求されることも!

帰国後に高額の請求が届いてビックリ!というトラブルを防ぐためにも、海外旅行中は、必ず携帯電話の設定を機内モードにすることを忘れないようにしましょう。

機内モードの設定方法

設定は簡単です。携帯電話の設定から機内モードをオンにすれば、通信や電波がすべて遮断されます。帰国後、飛行機を降りた時点で機内モードをオフに設定すれば、通常通りに使用可能です。もちろん、それまでに送られたメールやLINEなどのメッセージは機内モードをオフにした時点で受信できます。

機種により異なりますが、機内モードをオンにすると無料Wi-Fiの使用ができない場合もありますので、旅行前に日本国内で確認しておきましょう。

機内モードでインターネットを利用する方法

無料Wi-FiやポータブルWi-Fiを利用する

機内モードがONのままでも、Wi-Fiを利用してインターネットを利用することが可能です。

設定画面上で、機内モードのままWi-Fiのみをオンに設定すれば、ホテルや観光スポット、カフェなど、街中の無料Wi-Fiスポットでインターネットに接続可能。無料のWi-Fiスポットを活用しながら旅行中に撮った写真や動画のSNS投稿もでき、料金不要で通信ができます。

また海外旅行用のポータブルWi-Fiを持っていれば、国内と同じように常にインターネットが利用できます。

無料Wi-FiもポータブルWi-Fiも通常の電話回線は利用できませんが、Wi-Fiの利用できるところであれば、LINEやスカイプなどで通話をすることもできます。用途に応じて利用してみましょう。

▼こちらもチェック
海外旅行でのインターネット接続。無料Wi-FiやWi-Fiルーターを利用するなら!

機内モードご利用上の注意

ここまで機内モードの便利な使い方をご紹介してきましたが、日本の携帯会社で海外パケットし放題または定額利用の契約をされてから海外旅行に行かれる場合は、旅行先で機内モードをオンにしないようにしてください。定額契約したにもかかわらず機内モードに設定してしまうと、せっかく使えるものも使えなくなってしまいます。

機内モードはあくまで海外で使用するための契約を日本の携帯会社としておらず、かつWi-Fiのみの使用を希望される方向けの便利な使い方ですので注意しましょう。

 

▼こちらもチェック
海外旅行でスマートフォン・携帯電話を使うときの注意点
海外でインターネットを使うにはどうすればいい?
海外旅行でのインターネット接続。無料Wi-FiやWi-Fiルーターを利用するなら!

【PR】【期間限定】超・新春セール開催中!!航空券買うなら今が断然お得!
SNSでフォローする