海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  ヨーロッパ旅行  >  アイスランド格安旅行の特価セール!

アイスランド旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。アイスランドの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

アイスランド 格安で行ける!お得なアイスランド旅行情報が満載です。

アイスランド行きの旅行を探す

アイスランドの観光情報

見どころ

温水プール

アイスランドは火山国です。現在でも30以上存在する活火山は膨大な地熱エネルギーを発生させます。それを生活に利用しようと考えだされたのが、温水プールです。

アイスランドではどんな小さな町でも温水プールが整備されています。現地では、泳ぎに行くというよりものんびりお湯につかって友達とコミュニケーションをとるといった活用方法がされています。

温水プールの中でも人気なのが世界最大級の大きさを誇る「ブルーラグーン」です。地下2,000mから汲み上げた地下水は豊富なミネラルを含んでおり、女性に大人気。この水はスキンケア製品にも使用されており、プールにたっぷりと沈殿するシリカも肌に良いとされています。水中からすくいあげては体にぬりまくる「シリカパック」を楽しむ女性もいらっしゃいます。

アイスランドが誇る温水プールで心も体もリラックスしてみるのはいかがでしょうか。
注意点として、ブルーラグーンは予約優先なので、しっかり予約を取られることをおすすめします。

ヴァトナヨークトル氷河

総面積は8,100m²、アイスランドの国土の約8%を占めるヨーロッパ最大の氷河。氷河の下には活火山もあり、1996年の噴火によって大洪水を巻き起こしたこともあります。

ヴァナトナヨークトル氷河はアクティビティを楽しめるのが魅力!中でも人気なのは、スノーモービルやスノージープで氷河を駆け抜けるツアーや、氷河の上をトレッキングするツアーなど。

レイクキャヴィークから日帰りで行けるツアーもありますので、北極圏の氷河を気軽に楽しむことができます。

世界遺産・自然遺産

シンクヴェリトル国立公園

シンクヴェリトル国立公園は大西洋中央海嶺が地表に乗り上げた場所にあります。海嶺とは、大陸のプレートが引っ張り合っているところを指し、シンクヴェリトルはユーラシアプレートと北アメリカプレートが作用し合い、新たに生まれる場所です。そのため、この土地は毎年、2〜3センチずつ広がっています。

公園内には「シルフラ」という知る人ぞ知るダイビングスポットがあります。
氷河から溶け出した水が地球の割れ目に溜り、高い透明度を誇るポイントとなりました。年間を通して2〜3度という水温ではありますが、100m以上先まで見通せる透明度は極寒だからこそ。
ダイビング好きの方はチャレンジしてみるのも良いでしょう。また、スノーケリングの体験もできます。

【アクセス】
レイクキャヴィークからの現地ツアーに参加。または路線バス(一日一往復)を利用。ただし、路線バスは夏期限定です。

スルスエイ島

アイスランド南部に広がるウエストマン諸島。その島の一つにスルスエイ島があります。ウエストマン諸島は16の島々で構成されますが、現在はヘイマエイ島を除く島には人は住んでおらず、スルスエイ島も無人島です。

スルスエイ島は1963年に、海底火山の噴火によって生まれました。現在では植物も芽吹き、ペンギンに似た鳥パフィンが生息するようになるなど、その生態系は注目されています。

【アクセス】
スルスエイ島を含むウエストマン諸島の見学は、現地ツアーを利用し、参加することができます。

名物グルメ

燻製

アイスランドの名物グルメの代表の一つと言えば、燻製です。魚介類、羊、野鳥など様々なものを燻製にしています。

アイスランド特有の燻製と言えばパフィン(ペンギンに似た野鳥)の燻製。旅の記念として味わうのに最適です。一方で日本人になじみ深いのはスモークサーモンで、通常の燻製の他ハーブを使ったものなどもあります。こちらはお土産として売っている店舗も多いので、ぜひお試しあれ。

クジラ料理

アイスランドでは捕鯨も行われており、その一部は日本にも輸出されています。
国内でももちろんクジラ料理を食べる文化があり、ミンククジラのステーキや燻製などはレストランで頂く事ができます。

日本では食べる機会の少なくなってきたクジラ肉。記念に食べてみるのも良いかもしれません。

人気のお土産

干しだら

四方を海に囲まれたアイスランドは、日本と同様に魚をはじめとした生鮮食品が昔から愛されてきました。その保存方法の一つとして、燻製にする、干すといった方法が用いられています。

干しだらはスーパーでも、空港でも手に入るお手軽お土産の一つです。珍味感覚でもおいしくいただけるので、自分用のお土産にも買いやすい一品です。

ウールのニット製品

アイスランドのウール製品はとても着心地がよく、あたたかいと評判です。
一年を通して涼しい国ですから、ウールの着心地がいいのもうなずけます。デザインもトラディショナルでおしゃれなものが多く、選びがいがあります。

少々値段は高めですが、質が良く、長持ちするのでご家族や恋人へのお土産に選ぶのがおすすめです。

アイスランドの旅行特集を探す

アイスランドの基本情報

ヨーロッパ北西に位置する島国。活発な火山活動により多くの間欠泉が見られ、世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」などの温泉の存在は、日本人に親しみを与えます。
アイスランドを訪れた日本人を描いた映画『コールド・フィーバー』(1995)や、女性シンガーのビョークを通じて、同国を知った方は多いことと思われます。現地では、オーロラ観測やホエールウオッチングなどを楽しみつつ、羊や魚料理に舌鼓を打ちたいところ。アイスランド語が話されますが、英語は十分に通じます。

正式国名 アイスランド共和国
面積 10.3万平方キロメートル(北海道より少し大きい)
人口 約33万人(2015年6月 アイスランド統計局調べ)
首都 レイクキャヴィーク
言語 アイスランド語
通貨 アイスランド・クローナ
物価 日本と比べ、物価は高め。ヨーロッパ諸国の中でもかなり高い水準と言えます。
特に外食、アルコール、タクシーなどは高めの料金設定です。

昼食で1500円〜(コンビニのサンドイッチでも1000円ほど)
長期滞在を検討する場合にはコンドミニアムタイプのホテルを利用し、自炊するのがおすすめです。
チップ 基本的にチップは不要。
時差 マイナス9時間
飛行時間 直行便は無く、乗継便のみ。
ヨーロッパ各地の主要都市からケフラヴィーク行きの便に乗り換え。
所要時間は約14時間30分からで利用便により大きく異なる。
ビザ ビザの要否やパスポートの残存有効期間はこちらのページからご確認ください。

気候 年間を通して涼しく、夏でも20度を超えることはほとんどありません。北極圏のすぐそばに位置していますが、メキシコ暖流と、火山活動による地熱の影響で、冬でもそこまで気温は下がりません。
ベストシーズン 6〜8月
日本国内大使館 【住所】
東京都港区高輪4-18-26
【電話番号】
03-3447-1944
【URL】
http://www.iceland.is/iceland-abroad/jp/
国際電話番号 354

アイスランドの日常会話

こんにちは ゴーザン ダイエン
こんばんわ ゴーザ ノット
ありがとう タック フィーリル
さようなら ブレス
ごめんなさい フィーリルゲブス
おいくらですか クヴァズ コスタル

アイスランドの主要都市を探す

アイスランドの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ