ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

長時間のフライトも快適に!空港・機内でおすすめのファッション

フライトはリラックスできる服装で!
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

旅行の際、みなさんは飛行機の中でどんなファッションをしていますか?短時間のフライトであれば、そこまで考える必要もないですが、長時間の場合はどんな服装をするかによって疲れ方もかなり違ってきます。『長いフライトを終えて、やっと目的地に到着したのに体がだるい…。』となってはもったいない!
狭い機内でも楽に過ごせるファッションを知って、快適な旅行にしましょう。

とにかく締め付け感のない服装を!

自宅での部屋着を想像してもわかるように、リラックスするためには体を締め付けない服装が基本です。長時間同じ姿勢で座っていることになりますので、締め付けのある服装をしているとおなかが苦しくなるだけではなく、腰回りを締め付けることになり、血行不良につながる場合もあります。どれだけおしゃれなファッションであっても、きついジーンズや腹部を圧迫するようなベルトは、長時間のフライトには向いていません。

履いていて楽なジャージやスエットなどゆったりしたものをファッションに組み合わせると良いでしょう。足元やトップスに挿し色を入れるなどすれば、地味になりすぎず、十分おしゃれなファッションに仕上げられます。
また、現地のホテルでも部屋着として着ることができますので、一石二鳥です。

ラフ過ぎる格好はちょっと抵抗がある方

快適に過ごすためのファッションとはいえ、飛行機の機内も公共の場です。たくさんの乗客もいますので、ジャージのようなラフな服装は抵抗があるという方は、ストレッチ素材のズボンやワイドパンツなどが良いでしょう。
ストレッチ素材であれば、伸縮性に富んでいますので体を締め付けることもなく、動きやすいので現地でも重宝します。
また、ハーフパンツもおすすめです。足が開放的になり動きやすく、リラックスもできます。

女性ならロングスカートやマキシのワンピースなど

女性であればロングスカートもおすすめです。締め付け感がなく、足回りに気をつける必要もありません。
またマキシ丈ワンピースですと、リラックスできてさらにおしゃれも楽しめますので気分も上がりますね。

夏でも長袖の羽織ものを忘れずに

飛行機の中は、冷たい風が足元から流れてくるような寒い席もありますし、逆に他の席より多少暑い席もあります。その都度対応できるよう、機内では着脱が簡単にできるようなファッションを意識しましょう。
長袖のカーディガンやパーカ、ストールなどを持っておくようにしましょう。

ただフードが分厚いパーカは、座っているうちに首が疲れてきてしまうので避けましょう。
飛行機によっては毛布が借りられる場合もありますが、ほとんどが薄い毛布ですのであまり期待しない方がよいです。

足元もリラックス

長時間のフライトでずっと靴を履いていますと、足が疲れる上に蒸れてしまいます。
それを防ぐためにもスリッパやサンダルに履き替えましょう。折りたたみ可能で、コンパクトなスリッパが100円均一でも売っていますので、手荷物に忍ばせておくと便利ですし、ホテルにスリッパがないときにも活用できます。

またリゾート地へ行く場合は、ビーチサンダルを機内で使用しても良いでしょう。機内のトイレは床がぬれていることがありますので、薄いスリッパだと染みてしまう可能性がありますが、ビーチサンダルであればそれも気にせず使用することができます。目的地でも使うものですので、荷物が増える心配もありません。

足のむくみが気になるという方は

着圧ソックスの力を借りましょう。膝上タイプですと窮屈に感じる方が多く、履き替えも大変ですので、膝下タイプのものを選ぶのが良いでしょう。
また着圧ソックスは足先が開いているものが最適です。履いている間、指が押されたままですと血行が滞る原因になってしまいます。足先が冷えるという方は5本指ソックスを重ねるのがおすすめです。指の間の汗を吸収してくれるので気になる臭いを防いでくれます。

 

▼こちらもチェック
何が原因?海外旅行でのむくみ解消法まとめ
女性視点で選ぶ、実は便利な海外旅行グッズ!役立ちアイテムリスト
海外旅行で役立つ便利グッズ10選

SNSでフォローする