ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

意外と知らない?海外旅行にカミソリを持って行く時の注意点

カミソリは預け荷物に入れよう

海外旅行の時だって毎日のムダ毛処理は欠かせないという方も多いでしょう。
しかし、海外旅行に行く際にカミソリをどのように持ち込んだらよいのかご存じですか。
「預け入れ荷物にしても大丈夫?」「手荷物の中に入れて、機内に持ち込める?」そんな疑問を持つ方々のために、海外旅行でカミソリを持って行く際の正しい知識と注意点をお教えします。

カミソリを海外旅行に持っていく場合

海外旅行でも身だしなみはキチッとしておきたいもの。
実はカミソリもちゃんと海外旅行に持って行けます。基本的には預け入れ荷物としてスーツケースに入れて、チェックインカウンターで預けてしまいましょう。

カミソリは機内持ち込みできるのか?

カミソリと言ってもいろいろな種類があり、航空会社によっても基準が異なる場合がほとんどです。ただ、T字型のカミソリや眉毛用のカミソリなど小型のものであれば機内に手荷物として持ち込みが可能な場合が多いです。

しかしT字型のカミソリでも、刃の長さが4cm以上になると機内持ち込みができません。そのような場合は、こちらも預け入れ荷物にしましょう。

また刃の長さが4cm以内のT字型カミソリでも、航空会社によって扱いが異なる場合がありますので、安心なのはスーツケースに入れて預けてしまうことです。

電気シェーバーは問題なく持ち込める

T字型カミソリを、持ち込めなかった場合困るという方は、電気シェーバーを持って行くといいでしょう。電気シェーバーであれば、問題なく手荷物として持ち込めます。預け入れ荷物なしで手荷物のみの旅行をする方は電気シェーバーを検討してはいかがでしょうか。

機内持ち込み不可のカミソリを持ち込もうとすると

セキュリティーチェックで機内に持ち込みができないカミソリは没収されます。T字型カミソリであっても、係員によっては没収されてしまう場合もあるようですので、やはり必要なければ機内に持ち込まない方が良いでしょう。「うっかり化粧ポーチに入れたままにしていた」というのもよく聞く話ですので、出発前に自身の手荷物をもう一度チェックしましょう。

カミソリを現地調達する場合

カミソリの現地調達は可能です。ただ、切れ味が良くないものや肌に合わないものしか売っていない可能性があります。カミソリ負けをしてしまう場合もありますので、肌が弱い方やいつも愛用しているカミソリがあるという方は持参することをおすすめします。

ホテルのアメニティーにカミソリはあるのか?

ホテルのアメニティーをうまく使って、少しでも荷物を少なくしようと考えている方は多いと思います。しかし日本のホテルには当たり前のようにおいてある使い捨てのカミソリですが、海外のホテルの場合、ホテルのランクにもよりますが、置いていない場合が多いです。アメニティーに頼ろうと考えている方は、事前にホテルへ問い合わせる等の対応が必要になります。

▼こちらもチェック
海外旅行にカミソリ持参は可能?持っていく時の方法・注意点まとめ

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする