ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

食べ物は飛行機に持ち込める?海外旅行時の持ち物ルール

快適かつ安全な旅をするために、飛行機内は荷物の持ち込みを制限しています。
旅行先で買ったお土産や空港で買った食べ物などを、機内に持ち込みたいということはよくあります。「保安検査場で持ち物を調べられた際に没収されてしまった…」とならないように、あらかじめルールを確認しておきましょう。わかっているようで難しい食べ物の機内持ち込み制限。今回は、機内に飲食物を持ち込むときの決まりについて紹介します。

持ち込みが制限されているもの

食べ物の持ち込み

持ち込み不可とされる持ち物の代表は、形状が液体として見なされるものです。例えばゼリー状・ジェル状・クリーム状といった容器なしでは形が保てないものを液体とみなし、持ち込みの制限対象となります。ヨーグルト・プリン・カレーなどは機内持ち込みに制限がありますので注意しましょう。

飲み物の持ち込み

機内に持ち込める液体については細かい規定がありますので、搭乗前に準備が必要です。まず始めに必ず確認してほしいのが、100mlを超える容器に入った液体は全て手荷物での持ち込みが禁止されているということ。その液体がたとえ100ml以下であったとしても不可とされますのでご注意ください。

しかし、少量の液体を手荷物として航空機内に持ち込める方法があります。100ml以下の容器に液体を入れ、それを1L以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れた場合は、手荷物として航空機内に持ち込むことが可能です。

また、持ち込むときの細かいルールとして、透明プラスチック袋は縦横20cmほどの幅がないもの、ひとり一つまでの持ち込みという決まりがあります。容量を超えてしまうと、持ち込みができなくなりますので注意しましょう。

▼こちらもチェック
海外旅行前に知っておきたい!税関を通るときに気を付けること
海外旅行で機内に液体を持ち込む時の注意点

離乳食や薬など

幼いお子様を連れている方、持病をお持ちの方は離乳食・飲み薬・塗り薬など持参しないといけないものがたくさんあります。それらは、保安検査時に報告・説明をすれば持ち込み可能です。
説明をするときに診断書などがあればスムーズに行えますが、旅行に見合った量のものなら、問題なく保安検査場を通ることができます。

ただし、薬に関しては、持ち出しはできても入国時にトラブルになることも。日本で許可されていても、渡航先で使用が許可されていない薬もあります。そういった薬は旅行先に持ち込めませんので注意が必要です。
「せっかくの海外旅行なのに、薬が無くて具合が悪い…」とならないために、特別な薬を処方されている方は事前に医師に相談をしましょう。

▼こちらもチェック
初めての海外旅行!機内への手荷物持ち込みの注意点
持ち込みできない場合も!?海外旅行に薬を持っていくときの注意点
制限に注意!空港の手荷物検査をスムーズに通過する方法

制限されているものを機内に持ち込むには

制限区域内で購入する

保安検査後の制限区域内で購入した食品や飲料は、手荷物として機内に持ち込みが可能です。
検査終了後なので危険物がなく、飛行機内と同様に安全な場所いるとみなされます。なので、ここで購入する食べ物や飲み物などは制限なく持ち込み可能です。

スーツケースに入れる

スーツケースに入れる食べ物、飲み物に関しては制限がありません。
旅行日程に対して持ち込む量が多すぎる場合や、お土産と思えないほどの量である場合、持ち物検査をされる場合がありますが、基本的には制限なく持ち込むことができます。液体を入れる場合は、液漏れをしないようしっかりと透明プラスチック袋などで封をしてください。

ただし、病原菌の付着する恐れがある植物・果物、ガスを含んだスプレーなどは、持ち込むことが禁止されていますので、十分に注意する必要があります。
お酒とたばこに関しては一人当たり持ち込める量に制限がありますので、あらかじめ確認しましょう。

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする