ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行の持ち物にお菓子を入れたい!機内持込での注意点とは

お菓子の食べすぎに注意!

海外旅行で飛行機の早朝便や深夜便を使用する際に、事前に食事を取れず、お腹がすいてしまうことがありますよね。そんな時に小腹を満たしてくれるお菓子は長時間の飛行機搭乗に無くてはならない存在です。
しかし、機内はパブリックスペースであり、プライベート空間ではありません。持ち込むお菓子も人に迷惑のかからないものを選びましょう。

機内持ち込みにおすすめのお菓子

機内に持ち込むときにおすすめのお菓子は、満腹になりすぎず気分転換できるもの。具体的には飴・ガム・グミ・ラムネ菓子・昆布菓子、梅菓子など。

日本独自のお菓子は渡航先で出会った人にプレゼントすると喜ばれますので、昆布菓子、梅菓子などはそういった意味でもおすすめのお菓子です。

機内持ち込みNGなお菓子

機内は自分の部屋ではありません。周囲の人の迷惑も考えて、適切なお菓子を選びましょう。

ニオイがあるもの

ニオイがあるお菓子は、機内で控えましょう。
ニオイがきついお菓子は避けましょう。自分は好きなにおいでも周りの人も同じとは限りません。香料がきついスナック菓子などに要注意です。

サクサク音がするもの

固めのスナックやドライチップスなどサクサク音が鳴るものは控えましょう。
飛行機内は静かなことが多く、お菓子を食べる音が周りの人に聞こえ、不快な思いをさせてしまいます。周りを気にして食べることになれば、お菓子をおいしく食べることができません。

注意しなければならないこと

制限区域外で買いすぎない

飛行機に搭乗する前に、保安検査場で持ち物の検査があります。
ここでは、搭乗者が持ち込み禁止の持ち物を持っていないか、不審物は無いか、などを確認しますが、プリンやゼリー、ヨーグルト、その他液状の飲食物は1つ100mlの制限を越えると持ち込めません。せっかく購入しても持ち込めないので、こういったお菓子類は持ち物の検査が終わった後の制限区域内で購入しましょう。ここで購入したものはいくらでも機内に持ち込む事ができます。

お菓子の食べ過ぎに注意

お菓子を食べ過ぎて機内食が食べられない…ということに備えて、食べ過ぎには気をつけましょう。
また、スナック菓子でお腹を満たすと、まれに胃もたれを起こします。ましてやいつもと違う環境下では、胃もたれを助長させてしまうことも。やっと目的地に到着したのに、胃が痛くては旅行が楽しめません。

飲み物

国際線では100mLを超える液体は持ち込みができません。機内サービスで飲み物はもらえることがありますが、キャビンアテンダントに何度もお願いするのは気が引けますし、面倒だと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
しかし、前述したように制限区域内で購入した飲食物はいくらでも持ち込み可能です。
搭乗する直前に購入して持ち込むとよいでしょう。それでも足りないようであれば機内販売を利用するのも一つの手です。

 

▼こちらもチェック
パンは機内に持ち込みOK?海外旅行の持ち物にパンを入れるときの注意点
検疫に気をつけて!海外旅行で機内に果物を持ち込む時の注意点
機内にテイクアウトのコーヒーは持ち込める?コーヒーを持ち込む時の注意点

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする