ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

金属探知機に反応する場合も!海外旅行にピアスをつけていくときの注意点まとめ

ピアスは金属探知機に反応する?

ピアスは女性にとって定番のアクセサリーですよね。男性でもファッションとしてつけている人をよく見かけます。普段は気にしていなくても、いざ海外となると空港での保安検査や現地の環境など、ピアスって大丈夫?と気になる方もいるはず。今回は海外旅行にピアスをつけていくときの注意点をご紹介します。

ピアスは金属探知機に反応する?

海外旅行では出国する際や入国する際に必ず手荷物検査を行います。身につけているピアスが金属探知機のゲートをくぐる際に反応してしまうのではないかと、心配になる人もいるのではないでしょうか。結論から言うと、ピアスは手荷物検査の金属探知機には反応しないことがほとんどです。

ただし、たくさんのピアスをつけていたり、大ぶりのものをつけていたりする場合は、金属探知機が反応することも。反応してしまった場合は、係員の人にピアスを装着していることを伝えて再検査してもらえば大丈夫ですので、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

なお、金属探知機が反応したときに、係員にピアスを装着しているということを説明するのが面倒な人は、あらかじめ外しておいたほうが賢明です。

ファーストピアスの状態で金属探知機に反応した場合

初めてピアスをつけたファーストピアスの状態で海外に行く場合、ピアスホールが完成していないと、外すことができません。したがって、もし手荷物検査で金属探知機が反応した場合は、自分がファーストピアスの状態であるということを説明しましょう。

ファーストピアスで海外に行くときの注意点

ファーストピアスで注意をしないといけないのは、ピアスホールへのケアです。初めてピアスをあけた場合、ピアスをつけるピアスホールが完成するまでは一般的な傷と一緒です。

ファーストピアスの場合、ピアスホールとピアスの相性が合わないと腫れてしまうこともあります。日本にいれば、病院に行って対応してもらえば良いのですが、海外ではなかなかそういうわけにはいきません。ファーストピアスの状態で海外旅行に行くときは、患部を清潔に保つことを心がけましょう。

具体的には、プールに入るときはピアスホールをぬらさないように配慮すること、入浴するときはピアスをつけたままの状態で患部をよくせっけんで洗うことなどです。また抗生剤や消毒剤などでケアを行うことも大切です。

高価なピアスはつけないようにする

海外旅行で注意しなければいけないのが、渡航先の治安です。大切なのは、高級時計や高価なアクセサリーは確実に強盗の標的になってしまいますので、できる限り身につけないようにすること。特に宝石がついているようなピアスは、確実に強盗のターゲットになります。身の安全を確保するためにも、最初から狙われるようなものは身に着けないようにすることを心がけましょう。

▼こちらもチェック
空港の金属探知機を通るとき、確認すべきこと

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする