海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  アジア旅行  >  インド  >  デリー格安旅行の特価セール!

デリー旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。デリーの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

デリー 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

デリー行きの旅行を探す

デリーの観光情報

見どころ

赤い城

通称デリー城とも呼ばれる「赤い城」は、17世紀に建設された城塞です。赤い城の名の通り、建物全体が赤砂岩を使用した赤一色。まるで夕日が当たっているかのようにも見えます。有名なタージ・マハルを設計したシャー・ジャハーンによって9年もの歳月をかけて建設されました。

敷地内には現在戦争博物館として利用されている「ナッカル・カーナ」や、真珠モスクとも称される大理石のモスク「モーティー・マスジド」など見どころが満載です。ラホール門から続くアーケードはかつて市場として活気を見せていましたが、現在もたくさんのお店が立ち並ぶショッピングスポットとなっています。

世界遺産・自然遺産

フマユーン廟

「フマユーン廟」はデリーの中心部に位置するムガール帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟(れいびょう)です。彼を愛する妃ベガ・ベーガムによって、10年もの歳月をかけて1565年に建設されました。約100年後に建設されるタージ・マハルにも影響を与えたと言われています。

マス目上に区分された庭園の中に建つ廟は、赤砂岩をベースに様々な色の大理石が使用された左右対称の美しい霊廟(れいびょう)です。インド初のムガール様式の建築物として1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。中央のドームは高さ約38mを誇り、内部に施された繊細なモザイク模様は必見です。

クトゥブ・ミナールとその建造物群

ニューデリーの郊外、コンノート・プレイスから車で約40分の場所に位置する「クトゥブ・ミナールとその建造物群」は、インドで最古のイスラム遺跡群として知られています。

その中でも有名なのがクトゥブ・ミナール。1192年に北インドを制圧した記念としてクトゥブ・ウッディーン・アイバクによって建立されました。高さ約72.5mの塔は見るものを圧倒し、建設当時ヒンドゥー教徒に対してイスラム勢力を誇示するのに有効でした。

5層に分かれた塔にはアラベスクやコーランの句が細かに刻まれており、イスラムの文化を垣間見ることができます。1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。

グルメ情報

デリーのグルメ情報

インドではスパイスが効いた料理が定番で、カレーの他にも様々な料理でスパイスが使用されています。特に北インドに位置するデリーでは「ターリー」と呼ばれる定食が人気です。数種類のカレーにチャパティ、野菜のおかず、ヨーグルトなどがセットになったもので、時間を問わず注文することができます。

食事の際には現地の人は左手を使って食べますが、観光客にはスプーンやフォークが用意されます。レストランが多く集まっているのは観光の中心地「コンノート・プレイス」。インド料理はもちろん、中華やイタリアンなど世界各国の料理を堪能することができます。

ショッピング情報

デリーのショッピング情報

イギリス植民地時代に作られた放射状の「コンノート・プレイス」は、海外ブランドや有名レストランなど話題のお店が多く集まっているエリア。紅茶専門店や布専門店などお土産にぴったりの品を見つけることができます。

一方、インドの雑然とした空気を感じたい人には「メイン・バザール」がおすすめです。現地の人で溢れているローカル感漂うエリアです。路上にはチャイ屋やスナックが食べられる屋台が立ち並び、リキシャや牛が行き交うなどまさにインドのイメージそのもの!

ホテル情報

デリーのホテル情報

「コンノート・プレイス」周辺にはお手頃な中級クラスのホテルや高級ホテルが集まっています。周辺にはレストランも多いので、滞在すると食事や移動に大変便利です。またデリーの中では治安も比較的良いことから、安心して宿泊したい人にはおすすめです。

宿泊費を安く抑えたいという人やインドの雑踏を体感したい人には「メイン・バザール」周辺がおすすめ。1泊数百円程度のゲストハウスが多数あるエリアで、世界中から多くのバックパッカーが集まってきます。ただし治安の面では夜1人で出歩かないようにするなど気をつけるようにしましょう。

デリーの旅行特集を探す

デリーの基本情報

インドの首都デリーはかつてイスラム帝国やムガール帝国などの支配を受け、今も連綿と受け継がれた歴史文化が残る街です。観光スポットは主にきちんと区画整備されショッピングエリアにもなっているニューデリー、雑然としたインドの空気を感じることができるオールドデリー、かつて繁栄したイスラム帝国遺跡群が残る郊外に分けることができます。

都市名 デリー
言語 公用語:ヒンディー語 その他、憲法公認で州の言語が21存在する
観光時には英語も使用可
通貨 ルピー、パイサー
時差 マイナス3時間30分
飛行時間 直行便で8時間35分〜
主なルート 飛行機で直行便または乗継便でインディラ ガンジー国際空港へ
最寄りの空港 インディラ ガンジー国際空港
主要な駅 ニューデリー駅

デリーの交通事情

デリーの交通事情

地下鉄

デリー市内全域を網羅しているデリーメトロは観光に便利です。駅でチャージ式のメトロカードもしくはToken(コイン)を購入して乗車します。

バス

デリー市内にはDTCと呼ばれる市バスが運行しています。

タクシー

デリーでは流しのタクシーは少ないので、デパートやホテルなどのタクシー乗り場から乗るのが一般的です。

その他

通りをたくさん走っているオートリキシャは運転手と料金交渉をする必要があります。

インディラ ガンジー国際空港から市内までのアクセス

地下鉄

空港とデリー市内を結ぶエアポートメトロ(通称オレンジライン)を利用すれば、終点のニューデリー駅まで所要時間約20分です。

エアポートバス

デリーの中心地コンノートプレイスを経由するエアポートバスは観光客に大変便利です。所要時間は約50分です。

タクシー

空港ターミナルの到着出口辺りにはタクシー乗り場があります。メーター制のタクシーは空港乗り入れ料として料金に約80ルピーが追加されます。

インドの主要都市を探す

インドの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ