ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

軽くて便利!海外旅行に布バッグを持っていく時のポイントまとめ

スーツケースの選び方

海外に旅行をするとき、持っていくバッグの素材や大きさ、種類などで迷ったことはありませんか。海外旅行といえば、ハードタイプの大容量スーツケースを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、旅の日数や渡航先での行動にあわせてバッグを変えてみるのもいいかもしれません。
布製のバッグは種類や大きさが豊富なので、海外旅行でもいろいろな場面で役に立ちます。海外旅行に布製のバッグを持っていくときのポイントを種類別にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

布製のスーツケース

一般的に空港やバッグ売り場などでよく見かけるスーツケースは、樹脂やポリカーボネートなどのプラスチック製、またはアルミなどの金属製のハードタイプが多いですが、ナイロンなど布製の、ソフトタイプの大型スーツケースもあります。

布製のスーツケースは、衝撃から荷物を守る力はハードタイプのスーツケースに比べて弱いですが、一番のポイントは軽いということ。飛行機に搭乗する際に無料で預けられる手荷物の重量は決まっているので、スーツケースが軽いとその分入れられる荷物の重量が増えます。

また、スーツケースを持って移動するときにも、ハードタイプのスーツケースはそれ自体が重いので階段などで持ち上げるだけでも一苦労。しかし布製は軽いので移動が多い場合も楽です。加えて、摩擦にも強く傷が付いたり壊れてしまったりすることはほぼありません。

布製のキャリーバッグ

スーツケースとキャリーバッグの明確な違いはないようですが、スーツケースより小型のものをキャリーバッグと呼ぶことが多いようです。

布製のキャリーバッグの特徴といえば、かわいいものやシンプルで男女兼用のものなど、デザインが豊富なこと。またキャリーバッグもスーツケースと同様、ハードタイプよりもナイロンなどの布製の方が軽量です。飛行機の機内に持ち込む場合、持ち込み可能なサイズや重量が決まっているので、バッグが軽ければその分荷物の重量を増やすことができます。

さらに、本体の外側にたくさんポケットがついているものが多く、地図や細かいものを出し入れできるのでとても便利。荷物が少ない方や、短期間の海外旅行の方におすすめです。

バックパック

バッグパッカーと呼ばれる個人旅行者が使っているような大型のリュックサックがバックパックです。

バックパックは背中に荷物を背負えるので、両手があき、階段・石畳・砂利道などの平らではない道でも気にせず持ち運べるのが特徴。荷物もたくさん入りますが、その分重くなりずっと背負っているのは大変です。体力のある方に向いているかもしれません。

スイッチバッグ

スイッチバッグというのは、バックパックに伸縮するハンドルと車輪がついている、キャリーバッグとバックパックをあわせたようなバッグです。

普段は背負わずにハンドルを伸ばしてキャリーバッグとして利用でき、ガタガタしてしまうような道ではバックパックとして背負うことができる万能型のバッグで、キャスターつきバックパックなどとも呼ばれています。

ずっと背負っていないといけないバックパックと違って引いて歩けるので、身体への負担が少なくてすみます。ただし、ハンドルを縮めたときには背面に収納されているので、製品によっては金属が背中にあたり背負い心地がよくない場合もあります。購入の際は、きちんと使用感を試して選ぶことをおすすめします。

ボストンバッグ

ボストンバッグを海外旅行のメインのバッグとして持つ人はあまり多くないかもしれませんが、布製は軽いので、大きめのボストンバッグに洋服をつめ、小さめのボストンバッグに貴重品入れて持ち歩くなど用途はいろいろです。

また、スーツケースやキャリーバッグのハンドルに差し込める、折り畳み式の布製ボストンバッグもあります。サブバッグとして持っているとお土産が増えた時などに便利です。なお複数のバッグを使用する場合、航空会社ごとに機内に持ち込み可能なバッグの個数が決められている場合があります。事前に確認しておくと良いでしょう。

 

▼こちらもチェック
海外旅行でサブバッグを使う時の注意点・選び方(ショルダーバッグ編)
海外旅行でサブバッグを使う時の注意点・選び方(リュックサック編)

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする