ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行で機内にビンは持ち込める?ビンを持ち込むときの注意点

機内に瓶は持ち込める?

国際線の機内持ち込み手荷物は、何かと制限が厳しいというイメージを持っているかもしれません。中でも、ビンなどの割れ物を持ち込めるのか気になる方もいるのではないでしょうか。日本のお酒を持っていきたい、赤ちゃんがいるので哺乳瓶を持ち込みたい、または現地で購入した酒瓶などお土産に持って帰りたいなど、理由はさまざまでしょう。今回は、海外旅行でビンを持ち運ぶときのポイントをご紹介します。

ビンは基本的に機内持ち込みOK

ビンなどの割れ物は基本的に機内に持ち込むことは可能です。むしろ、預かり荷物の中に入れると破損などの危険性があるため、機内に持ち込んだ方が安心でしょう。しかし、液体の入った瓶は持ち込み制限があるため、その場合は預かり荷物に入れる必要があります。手荷物を雑に扱われてしまうのは心配ですが、衣類をクッション代わりに挟むなどしっかり荷造りして、衝撃から守るようにしましょう。

酒瓶は持ち込める量に制限がある

現地でおいしいお酒を見つけたら、帰国後自宅で楽しむために持ち帰る人は多いのではないでしょうか。酒瓶も機内へ持ち込むことは可能ですが、制限を超えてしまうと持ち込むことができません。その場合は預かり手荷物の中へ入れることになるので、洋服や梱包(こんぽう)材でしっかりと保護をするようにしましょう。

お酒はアルコール度数24%以下であれば量の制限はありませんが、24%以上70%以下のお酒に関しては一人5Lと制限があります。また、70%以上のものは持ち込むことができませんので注意が必要です。

免税店で購入したお酒は機内持ち込みOK

保安検査後の免税店などで購入したものに関しては、機内持ち込みが可能です。有名なお酒であれば免税店でも売っていることが多いので、事前に免税店で取り扱いがあるか調べてから購入するのも一つの手です。ただし国際線の乗り継ぎがある場合は、再び検査対象になるので注意するようにしましょう。

哺乳瓶は検査場でチェックが必要

哺乳瓶に関しても機内持ち込みは可能です。医療品や病気時の制限食などと同様に、ベビーミルクや溶かすためのお湯などは、乳児同伴で検査場を通過すれば問題ありません。持ち込みが正当であることの証拠が必要になるので、必ず乳児を同伴して検査場に入るようにしましょう。

▼こちらもチェック
母子手帳にビニール袋など。乳幼児連れの海外旅行に役立つアイテム
食べ物は飛行機に持ち込める?海外旅行時の持ち物ルール

液体入りビンの持ち込みについて

液体の機内持ち込みには制限があり、国や航空会社によって対応が異なります。利用する航空会社が決まったら、事前に必ずルールを確認するようにしましょう。

液体物は100ml以下に小分けする

国際民間航空条約により、液体物の持ち込みは一つあたり100ml以下の容器に詰め替える必要があります。またそれらを1L以下のジッパーのついた袋に入れて提出するルールがあります。容器や袋は検査場に用意されているので利用するようにしましょう。

100ml以上の液体となると、その場で没収、または再度預かり手荷物の中に入れなければいけないので、必ず事前に預かり手荷物の中へ入れるか、保安検査後の免税店で購入するようにしましょう。

▼こちらもチェック
海外旅行で機内に液体を持ち込む時の注意点

まとめ

ビンの機内持ち込みは基本的に可能です。しかし、お酒やジュースなどの液体の有無によっては没収されてしまう可能性があるので、その場合は事前に預かり手荷物に入れるか免税店で購入するようにしましょう。検査場で没収されないためにも、航空会社のルールなどは事前に調べておくことが大切です。

 

▼こちらもチェック
海外旅行にお酒を持っていきたい!持ち物にお酒を追加する時の注意点

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする