海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  ヨーロッパ旅行  >  ドイツ  >  デュッセルドルフ格安旅行の特価セール!

デュッセルドルフ旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。デュッセルドルフの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

デュッセルドルフ 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

デュッセルドルフ行きの旅行を探す

デュッセルドルフの観光情報

見どころ

ラインタワー

デュッセルドルフ旧市街からも目に入るラインタワーは、その名の通りライン川沿いにあるデュッセルドルフのランドマークの一つです。高さは240mほど、東京スカイツリーの634mに比べると小さく感じられますが、州の中でもっとも高い建物です。

頂上付近の展望台からはライン川流域を一望でき、併設のレストランは1時間に1周する回転式。デュッセルドルフを360度眺めながらの食事が楽しめます。側面にはデュッセルドルフのデザイナー作の先進的な照明時計も。夜になると窓の照明がつき、10進法の時計が時間を刻む様子が見られます。

ライン河畔プロムナード

ドイツ人から「父なる川」と呼ばれるライン川は、遊覧やクルーズでの古城めぐりなど、デュッセルドルフのみならずドイツを代表する観光スポット。

デュッセルドルフでは街を東西に縦断するようなかたちで流れており、その河畔には「ライン川流域でもっとも美しい」と評される遊歩道が2kmも。夕暮れには美しい夕日をバックに、大きな船が川を行き来する景色は壮観そのもの。名物のアルトビールを片手にした地元民や観光客でにぎわいます。

世界遺産・自然遺産

ツォルフェアアインの炭鉱遺跡

ルール工業地帯を支えていた炭鉱の代表格、ツォルフェアアインの炭鉱は1986年まで実際に採掘されていた産業遺産です。操業停止となった今も遺跡・廃墟としての魅力が残るスポットとなっており、特に「ツォルフェアアイン第12採掘坑」は必見。鉄骨と赤煉瓦を用いた、バウハウス様式に忠実な造形です。建築物として、また技術的にも傑作といわれています。

2001年に世界遺産登録され、当時のままの姿ではありますが、今も全く色あせないモダンな造形美に「世界でもっとも美しい炭鉱」と評価されています。

グルメ情報

デュッセルドルフのグルメ情報

デュッセルドルフのグルメといえば、なんといってもアルトビールでしょう。伝統の製法により生み出されるこのデュッセルドルフ発祥のビールは、市内のあらゆるところで飲むことができます。

特に、旧市街ではアルトビールと一緒にドイツ料理を楽しめる飲食店が数多くあり、お酒と食事を楽しむのであれば真っ先に足を運ぶべき場所です。ライン地方の郷土料理から、これぞドイツといったソーセージや肉料理に加え、ジャガイモを使った付け合わせ料理もよく楽しまれています。また、ライン河畔周辺にもカフェやBAR、レストランなどの飲食店が多くあり、景色を一緒に楽しむベストスポットとなっています。

ショッピング情報

デュッセルドルフのショッピング情報

デュッセルドルフはヨーロッパの中でも屈指のファッション街。特にケーニヒスアレーがもっとも有名で、800mほどのマロニエ並木道の中に、ブティックや飽食点などの高級店が並んでいます。日本でいう表参道のような場所でしょう。

一方、お土産や雑貨などがたくさん並んでいるのが旧市街です。フリンゲルン・ノルド地区では個性的な雑貨屋さんやモダンな雰囲気のカフェが点在し、南に位置するカールスプラッツ広場は地元民でにぎわう市場が開催され、さまざま生鮮食品が手に入ります。旧市街は飲食店も多く軒を連ねているので、お茶や食事がてらお店をのぞいて回ってみては?

ホテル情報

デュッセルドルフのホテル情報

デュッセルドルフ中央駅近辺にホテルが集まっています。この駅は各地へのアクセスの要所なので、フットワークよく観光するのであれば、この周辺でホテルをとるのがおすすめです。有名チェーン系からこぢんまりとしたホテルまでさまざま、エコノミーならば1人1泊7000円程度からが目安になるでしょう。

ホテルからの景観を重視するのであれば、ライン川近くの旧市街がおすすめです。こちらもホテルが多く集まっており、ライン川を眺めながら宿泊することができます。旧市街もデュッセルドルフ中央駅へは比較的すぐにアクセスできるので、この2つの地域を中心に好みの雰囲気のホテルを探しましょう。

デュッセルドルフの旅行特集を探す

デュッセルドルフの基本情報

デュッセルドルフは国内の人口第1位を誇るノルトライン=ヴェストファーレン州の州都です。ドイツの西側に位置する都市で、名だたる企業が本社をおいていることでも知られています。街の境にライン川が流れており、西ヨーロッパで特に発展している地帯を指す『ブルーバナナ』に含まれます。日本企業の進出も盛んであることから、多くの日本人駐在員がデュッセルドルフに集まっています。

また経済面のみならず、デュッセルドルフ芸術アカデミーからは世界で活躍するアーティストを輩出するなど、芸術面でも中心的な役割を果たしています

都市名 デュッセルドルフ
言語 ドイツ語
通貨 ユーロ(EUR)
時差 マイナス8時間
サマータイムが実施時期(3月の最終日曜日から10月の最終日曜日)はマイナス7時間の時差となる
飛行時間 直行便で約12時間
主なルート 飛行機の直行便または乗継便でデュッセルドルフ空港へ
最寄りの空港 デュッセルドルフ空港
主要な駅 デュッセルドルフ中央駅

デュッセルドルフの交通事情

デュッセルドルフの交通事情

鉄道・地下鉄

デュッセルドルフ市内の鉄道はVRR(ラインルール運輸連合)の管轄になります。市内やその近郊をカバーしているので、デュッセルドルフ中央駅から共通の切符で市電、地下鉄、近郊列車、バスなどが使えます。切符にはさまざまな種類があり、観光に適した回数券やグループ券、乗り放題の1日券、7日券なども含めて駅前や警察施設などで購入できるほか、7日券など、モバイルで購入できるチケットもあります。
区域内であればドイツ鉄道も利用可能ですが急行や快速を使用する場合は追加料金が必要です。

バス

鉄道同様VRRの管轄となり、市内の移動をカバーしています。

タクシー

基本的にはタクシー乗り場を使用します。日本式の「流しタクシー」はあまりいませんが、空車であれば日本同様に街中で拾うことができます。

デュッセルドルフ空港から市内までのアクセス

鉄道

デュッセルドルフ空港ターミナル駅と、デュッセルドルフ空港駅(スカイトレインで約5分)どちらかを使って、デュッセルドルフ中央駅へ出ることができます。所要時間はおよそ12分、料金は2.5ユーロです。

タクシー

2人〜4人での旅行なら、タクシーで直接デュッセルドルフ中央駅へ向かうのが簡単でお得です。タクシー乗り場はターミナルビル内にあります。所要時間はおよそ45分、料金は30ユーロほどです。5人以上の乗車には追加料金がかかります。

市営バス

ロビーを出たあたりにバス乗り場があり、デュッセルドルフ中央駅へ行くことができます。所要時間はおよそ30分、料金は2.5ユーロです。

ドイツの主要都市を探す

ドイツの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ