海外旅行  >  ヨーロッパ旅行  >  スペイン  >  格安マドリッド旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

マドリッド旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。マドリッドの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

マドリッド 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

マドリッド行きの旅行を探す

マドリッドの観光情報

見どころ

プラド美術館

1819年開館の歴史ある美術館。年間250万人もの人々が訪れます。月曜日から土曜日の18時〜20時、日曜・祝日の17時〜19時は入場無料です。スペインに関連した絵画はもちろんのこと、他のヨーロッパ諸国の作品も数多く、バラエティーに富んでいます。作品数が多く、全てを鑑賞するには丸1日かかってしまいますので、事前に見たい作品を絞っておくとよいでしょう。

ソフィア王妃芸術センター

20世紀の近現代美術を中心に展示する美術館。有名作品の展示を中心とするサヴァティーニ館と新設のヌーベル館とに分かれています。サヴァティーニ館の2階と4階が常設展示、特にスペイン内戦を描いたピカソの大作「ゲルニカ」(2階の206号室)は必見、ほかにダリやミロの作品も所蔵しているほか、多数の近代美術も見ごたえ抜群です。

世界遺産・自然遺産

エル・エスコリアル修道院

正式名称は「サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル」。1984年に世界遺産に登録された、宮殿、修道院、博物館そして図書館から成る複合施設です。王家の霊廟をはじめ王用地としての目的のほかに研究施設の意味合いを兼ねており、エル・グレコやベラスケスなどの著名な芸術家の作品や15世紀から16世紀の貴重な書物が数多く収蔵されています。マドリッドから日帰りで行けるので人気の観光スポットとなっています。

グルメ情報

マドリッドのグルメ情報

ランチはだいたい14時から16時、ディナーは20時を過ぎてからと、日本と比べると遅めの時間帯ですが、それよりも早い時間から営業しているお店もたくさんありますので、飲食には困らないでしょう。

通常のレストランのほかに、立ち飲み形式のバルも街中にあります。社交の場でもあるバルでは、タパス(小皿料理)やビールやワインを片手にコミュニケーションを楽しむ客同士の姿もよく見られます。

ショッピング情報

マドリッドのショッピング情報

マドリッドの北東部、サラマンカ地区にあるセラーノ通りは、スペイン王室ご用達の『ロエベ』をはじめ、高級ブランドショップが連なるショッピング街として有名です。幅が10m近くある、ゆったりとした歩道でウインドーショッピングを楽しむことができます。

ホテル情報

マドリッドのホテル情報

観光に便利な市内中心部のホテルがおすすめです。プエルタ・デル・ソルは飲食店や商業施設が多く、マドリッドで最も活気のあるエリアです。マドリッド最大の鉄道駅であるアトーチャ駅に乗り継ぎなしでアクセスが可能で、マドリッド王宮やマヨール広場といった観光スポットが徒歩圏内にあるのも魅力です。

アトーチャ駅周辺も宿泊に向いています。他都市やマドリッド=バラハス空港へのアクセスが容易です。プラド美術館とソフィア王妃芸術センターが徒歩圏内にあります。

マドリッドの旅行特集を探す

マドリッドの基本情報

スペインの首都マドリッド。年間を通じて雨の少ない乾燥した気候です。美術館や王宮などの歴史的な文化遺産が数多くあります。スペイン国内最大級の闘牛場や巨大なサッカースタジアムなど、1日で回り切れないほどの観光スポットが満載です。また、日本でも人気の高いパエリアやアヒージョなどを筆頭に、食文化も豊かです。

都市名 マドリッド
言語 スペイン(カスティージャ・カスティーリャ)語
通貨 ユーロ(EUR)
時差 マイナス8時間
サマータイム実施時期(3月の最終日曜深夜2時から10月の最終日曜深夜3時)はマイナス7時間の時差となる
飛行時間 直行便で約14時間
主なルート 直行便または乗継便でアドルフォ・スアレス・マドリッド=バラハス空港へ
最寄りの空港 アドルフォ・スアレス・マドリッド=バラハス空港
主要な駅 マドリッド・アトーチャ駅、マドリッド・チャマルティン駅

マドリッドの交通事情

マドリッドの交通事情

地下鉄

1号線-12号線とR線の計13路線があります。路線は分かりやすく色分けされています。

チケットは駅にある自動券売機や窓口、路上のキオスコと呼ばれるお店などでも購入可能です。料金はゾーン制で1.5ユーロから。

指定区域内の地下鉄・バス・鉄道が1日・2日・3日とそれぞれ乗り放題になる観光客向け乗車券もあります。運行は路線によりますが始発が朝5時台、終電が深夜0時〜1時台です。

市バス

料金は全線均一で1.5ユーロ。平日は朝6時から夜23時30分まで運行しています。「ブオス」と呼ばれる深夜バスも運行しています。車内アナウンスはありません。切符は片道切符のほかに回数券もあり、地下鉄と共通です。

タクシー

白い車体に赤の斜線が入っています。「LIBRE」と書かれた緑色の表示板が掲げてある、もしくは屋根のランプが緑色に点灯しているのが空車のサインです。料金はメーター制。初乗り料金は平日6時から21時までは2.4ユーロ、それ以外は2.9ユーロ。クレジットカードでの支払いができない場合もあるため、現金を用意しましょう。

アドルフォ・スアレス・マドリッド=バラハス空港から市内までのアクセス

空港バス

24時間運行で、マドリッド・アトーチャ駅まで行きます。23:30〜翌6:00まではシベーレス広場止まりとなりますのでご注意ください。ターミナル1,2,4から乗車できます。料金は5ユーロ(約¥570)です。

市バス

ターミナル1,2,3,4から、路線番号200番の「アベニーダ・デ・アメリカ・バスターミナル」まで行きます。料金は1.5ユーロ(約¥170)、チケットは運転手から直接購入します。おつりが出ないことが多いので小銭を用意しましょう。所要時間は20分ほど。

地下鉄

メトロ8号線発、終点のヌエボス・ミニステリオス駅まで乗車。そこから乗り継ぎで市内中心部に行けます。通常料金(1.5〜2ユーロ)に空港追加料金として3ユーロ(約¥340)が加算されます。所要時間は約40分。
※乗り継ぎが必要ですので、電車が苦手という方は空港バスまたは市内バスをおすすめします。

レンフェ(近郊線)

ターミナル4からc-1が運行しています。運行時間は6:00〜翌0:15までです。ターミナル1〜3は止まりません。マドリッド・アトーチャ駅まで約25分。料金は2.45ユーロです。

タクシー

料金は定額制で、マドリッド市内まで30ユーロ。追加料金はかかりません。市内中心部まで約30分です。

スペインの主要都市を探す

スペインの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ