海外旅行  >  ヨーロッパ旅行  >  フランス  >  格安リヨン旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

リヨン旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。リヨンの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

リヨン 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

リヨン行きの旅行を探す

リヨンの観光情報

見どころ

サン・ジャン大聖堂

リヨン旧市街のランドマークとして圧倒的な存在感を持つ教会です。
12世紀から15世紀の間、300年もの年月をかけて建設されたため、ロマネクス様式とゴシック様式の特徴をあわせ持っています。

1418年に作られた天文台を兼ねたからくり時計は、12時、14時、15時、16時になると動きだして観光客を魅了しています。有名なローズ窓や技巧を凝らしたステンドグラスなど、建物内部にも見どころがいっぱいです。

夜には外観がライトアップされ、昼間とは違った趣をかもしだしています。

フルヴィエールの丘

リヨン市街を一望できる丘は、旧市街の石畳や石段を歩いて登ることができます。丘の上には1896年に建造されたノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ大聖堂やフィヴィエール美術館などの見どころがあります。

また1万人もの観客を収容できる円形古代ローマ劇場の遺跡が残っていて、毎年夏には「フルヴィエールの夜」という一大イベントが開催されます。何と言っても丘から眺めるリヨン市街の風景は最高です。

世界遺産・自然遺産

リヨン歴史地区

ソーヌ川沿いの旧市街からクロワ・ルースにかけての一帯が、1998年12月にユネスコの世界文化遺産に登録されました。旧市街は石畳が残る情緒のある雰囲気で、多くのレストランやカフェでにぎわっています。トラブールと呼ばれるリヨン独特の建物の回廊や中庭を通り抜ける小道が多数あり、まるで迷路に迷い込んだように散策が楽しめます。

クロワ・ルースはかつて絹織物産業で栄えた面影を残す歴史地区で、カニュ博物館などで絹織物の歴史に触れることができます。

グルメ情報

リヨンのグルメ情報

リヨンといえば「ブション」が有名です。
ブションとはフランス語でワインのコルクを意味しますが、転じてワインが飲める店を指しています。ブションでは、リヨンの伝統的な家庭料理を味わうことができます。
定番料理はベーコンとポーチドエッグが乗ったサラダ・リヨネーズ、魚のすり身をムース状にしたクネルなどで、たくさんの種類があるソーセージも必食です。

旧市街にはブション・ストリートと呼ばれるレストランが集まった通りがあり、毎日多くの観光客でにぎわっています。「レ・ブション・リヨネ」マークが掲げられたお店は料理とサービスの質が保証された証明ですので、お店選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

ショッピング情報

リヨンのショッピング情報

定番の観光土産を買うなら旧市街がおすすめです。小さなショップが石畳の通りにおしゃれに並んでいます。

リヨン中心街には高級ブランドショップや若者向けのショップ、ショコラティエ、雑貨屋などが並ぶ通りがたくさんあります。

「ラ・パールデュー」や「コンフリュアンス」などの巨大ショッピングセンターには、ブランドショップから食料品までさまざまなタイプのお店が入っていますので、効率よく買い物したい人には便利です。

また、「レ・アル」という市場はまるでデパ地下のような雰囲気ですので、お土産に向いた食料品を見つけることができます。

ホテル情報

リヨンのホテル情報

ビジネス街であるパールデュー駅周辺には、たくさんのビジネスホテルがあります。空港からパールデュー駅までは列車が運行していることもあり、夜遅くに空港に到着する場合などには大変便利です。

2区にあるペラーシュ駅周辺は安宿街として知られています。ホステルやバックパッカーホテルなど、若い旅行客を中心に人気のエリアです。旧市街のホテルは趣のある石畳の造りが特徴で観光客に人気があります。

リヨンの旅行特集を探す

リヨンの基本情報

リヨンは、街自体が世界文化遺産に登録された歴史ある美しい街です。パリからTGVで向かうと、2時間ほどで到着します。

石畳の旧市街やショップが連なりトラムが走る中心街、リヨン全体を見渡せるフルヴィエールの丘など見どころは満載。中心部にはヨーロッパ屈指の広さを誇るベルクール広場があり、週末にもなるとさまざまなイベントが開催されていて、にぎわいを見せています。

都市名 リヨン
言語 フランス語
通貨 ユーロ(EUR)
時差 マイナス8時間
サマータイムが実施時期はマイナス7時間の時差となる
飛行時間 乗継便で約13時間45分以上
主なルート 飛行機の乗継便でリヨン・サンテグジュペリ国際空港へ
最寄りの空港 リヨン・サンテグジュペリ国際空港
主要な駅 ペラルーシュ駅、パール・デュー駅

リヨンの交通事情

リヨンの交通事情

トラム・メトロ

リヨン市内には新市街エリアを中心に、T1からT5の5線トラム(Tramway)が走っています。
また、メトロはA, B, C, Dの4線あり、本数が多い深夜まで運行しているので旅行中には大変便利な交通機関です。メトロの券売機はお札が使えませんので、コインかクレジットカードを用意しておきましょう。

バス

市内には100以上もの路線が運行しています。「リヨン交通機関TCL」はメトロ・バス・トラム・ケーブルカーの共通券で、使用開始から1時間有効です。普通券は1.8ユーロ、1日フリー券は5.5ユーロで購入できます。

タクシー

日本と同様にメーター制のタクシーです。

街中のタクシー乗り場かホテル前から乗車するのが一般的ですが、流しのタクシーも走っています。初乗り料金は7ユーロほどです。

リヨン・サンテグジュペリ国際空港から市内までのアクセス

電車

空港から市内のリヨン・パール・デュー駅まで運行しているローヌ・エクスプレスは、所要時間が30分ほどです。片道15.9ユーロ、往復27.5ユーロで切符が購入できます。

タクシー

空港から市内中心部までは、昼間で50ユーロ、夜間は70ユーロほどかかります。

フランスの主要都市を探す

フランスの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ