海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  アジア旅行  >  フィリピン  >  格安バコロド旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

バコロド旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。バコロドの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

バコロド 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

バコロド行きの旅行を探す

東京発
大阪発
名古屋発
福岡発

バコロドの観光情報

見どころ

ザ・ルーインズ

バコロド空港から車で約15分の場所にある『ザ・ルーインズ』は、バコロド市街地からもアクセスのよい観光向きの遺跡です。

もともとはスペインによる統治時代の建物で、現在は骨組みだけになっているなど廃墟と化しています。
とはいえ遺跡前は芝生の公園ふう、噴水やカフェ、ミュージアムなども集まり、さらに夜のライトアップが大変に美しいことで知られています。観光スポットとしてはもちろん、デートスポットとして現地の若者にも大人気なのです。

マンブカルリゾート

バコロドからはバスで1時間ほどのマンブカルは、フィリピン国内でも屈指の観光施設です。山岳地帯に位置することからハイキングや登山、さらに飛び込みもできる滝やカヤックにプールなど、園内一帯がすべて遊び場という造りになっています。

さらにここ一番のハイライトといえば、日本人造園師が設計した“JAPANESE OFURO”、『美川温泉』が挙げられます。ネグロス州知事さえほれ込んだといわれる露店温泉が、世界から訪れる観光客を癒やしています。

世界遺産・自然遺産

サン・セバスチャン大聖堂

バコロドのランドマーク的存在です。スペイン統治下にあった19世紀に建てられたカトリック教会ですが、当時独特の建築様式がそのまま残されており、歴史を感じさせるたたずまいに威厳が漂います。非常に古い建物ですが、生きた宗教施設として今も礼拝や結婚式などが行われています。

また、バコロドのダウンタウンといえばこの教会を中心とした一帯を指しており、幹線道路に面しているので観光のスタートにもおすすめといえるでしょう。

グルメ情報

バコロドのグルメ情報

バコロドは『イナサル』という鳥の炭火焼、日本で言う焼き鳥がおいしい町として有名です。チェーン店やレストラン、露店など街中いたる場所で見つけることができます。
そのまま食べても美味ですが、カラマンシーというかんきつと唐辛子が入った特製ソースをつければさらに絶品の味に。豚肉のイナサルも同様に人気です。

おなかいっぱい食べて、お酒も飲んで、日本円にして数百円という物価も非常に魅力的でしょう。

ショッピング情報

バコロドのショッピング情報

フィリピンといえば南国フルーツ、ドライマンゴーなどはお約束の一つ。もっとバコロドらしいお土産を探すなら、現地のお店が狙いどころです。
日本でいう焼きそばの乾麺『カントン』は定番序の口、フィリピン国内でもあまり見かけない珍味が多数見つかるはず。現地の人におすすめを聞いてみましょう。

お買い物を一度に済ませたいという場合、空港近くのショッピングモール『ガイサノ』へ。食料品店に雑貨店、フードコートなどが集まっています。

ホテル情報

バコロドのホテル情報

ネグロス州の中でも最大の街ですから、宿泊に困ることはほとんどありません。近年は物価上昇の波にあるとはいえ、現地で高級といわれる施設もお得感があるでしょう。旅費を節約したい場合でも、格安で個室に宿泊できるのもうれしいポイントです。

市内中心部に宿を取るのもよいですが、歓楽街のゴールデンフィールド近くはカジノ、また近隣の避暑地マンブカルは露店温泉で知られていて、宿泊施設もあるので足を伸ばすにはちょうどよいでしょう。

バコロドの旅行特集を探す

バコロドの基本情報

バコロド市はネグロス島で最も大きい町で、経済・文化・産業の中心として、西ネグロス州の3割ほどの人々が暮らしています。特に砂糖産業が盛んなことから「シュガーランド」「フィリピンの砂糖つぼ」という別称でも知られています。

日本からはマニラやセブを経由して1時間ほど、バコロドからはネグロス島各地への交通網が発達、イロイロ島ほか近隣諸島にも足を伸ばせるなど、観光のハブとしての役割も持っています。

都市名 バコロド
言語 国語はフィリピノ語。公用語としてフィリピノ語、英語を使用する。約80の言語がある
通貨 ペソ
時差 マイナス1時間
飛行時間 乗り継ぎ便を使用して8時間〜
主なルート 日本からマニラ、またはセブを経由、バコロド=シライ国際空港へ
最寄りの空港 バコロド=シライ国際空港

バコロドの交通事情

バコロドの交通事情

イロイロ島やマニラに向かう定期船など、各社が運航するフェリーは近隣諸島への移動に便利です。便や出航時刻などが頻繁に変わるので、気候条件なども合わせて現地で確認をするのがポイントでしょう。

ジプニー

現地でもっともポピュラーな交通手段です。ルートの決まっている乗り合い車で、大人運賃が7〜8ペソ程度と格安です。お金を支払うときは「バイヤド!」、降りたいときには「ルガーラン!」と元気よく声を出しましょう。

タクシー

日本同様メーター制で、初乗り30ペソと格安です。時々メーターをセットせずに発車されることがあるので、乗車時にチェックを。

バコロド=シライ国際空港から市内までのアクセス

タクシー

バコロド市やシライ市へ向かう公共機関はないため、市街地に行くためにはタクシーかシャトルバスを利用する必要があります。飛行機の到着時間に合わせて空車タクシーが待機するため、比較的簡単に見つけられます。空港から市街地までは1時間ほど、料金の目安は450〜500ペソです。

シャトルバスほか

現地のシャトルバス(乗り合いバス)は片道150ペソ程度で、市街地の任意の場所まで乗せてくれます。運行間隔は15〜30分ほどですが、時間に正確な土地柄ではなく、24時間営業ではない点から、選択肢の一つ程度にしておくのがよいでしょう。 日本からネット予約可能な送迎サービスも。現地のシャトルバスに比べれば割高ですが、プライベートリムジンに車いす対応など、多彩な車種から選べる特長もあります。

フィリピンの主要都市を探す

フィリピンの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ