海外旅行  >  アジア旅行  >  フィリピン  >  格安ダバオ旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

ダバオ旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。ダバオの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

ダバオ 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

ダバオ行きの旅行を探す

東京発
大阪発
名古屋発
福岡発

ダバオの観光情報

見どころ

サン・ペドロ大聖堂

ダバオはかつてスペインの占領下にあり、当時の面影を残す宗教建築が多く見られます。サン・ペドロ大聖堂もその一つであり、ダバオ最大かつ、最古の教会に数えられます。スペインがダバオを占領した1847年に建てられました。

コンクリートで造られた近代建築風の一見シンプルな外観ですが、中は厳かな雰囲気に包まれています。今でもミサや結婚式が行われる生きた教会です。街の中心地に位置し、アクセスがしやすいのも人気の理由です。

日本ゆかりの跡地など

ダバオには、フィリピンと日本の深い関わりを示す施設や史跡があります。
その一つ、『ジャパニーズトンネル』は、ダバオから車で20分ほど。第2次世界大戦中に日本軍が隠れ基地として掘ったトンネルです。全長8kmあり、拳銃や軍票なども発見されています。

また、ダバオから車で1時間ほどの街カリナンに『フィリピン-日本歴史資料館』、その手前の街ミンタルには日本人墓地も。当時最大2万人の日本人が移住し、日本人街を作り上げた場所でもあります。

世界遺産・自然遺産

ハミギタン山岳地域野生動物保護区

ミンダナオ島東ダバオ州の山岳地帯にある、約2万6000haという広大な野生動物保護区です。2014年、フィリピン国内で6番目に世界遺産登録されました。

海抜75m〜1637mという激しい標高差と高温多湿な気候の中、確認できている野生動物は現在約1380種。そのうちの341種がフィリピン固有種で、ほかにも絶滅危惧種やカザリシロチョウなどこの一帯でしか確認できていない種も含まれています。

グルメ情報

ダバオのグルメ情報

イタリアンや中華などなじみの味も多いダバオでは、食に困ることはまずないでしょう。でもせっかくなら現地の味をという場合、まずはビュッフェ形式のレストランがおすすめ。マグロやエビ、カニといった魚介の新鮮さには驚かされるはずです。

また、水槽のあるレストランでは生きた食材を選んで調理してもらうこともできます。中には食材を自分で調達する旅行者もいて、新鮮な魚介や生鮮食品が集まる『バンケロハン市場』は、食費を安く抑えるのにも重宝するでしょう。

ショッピング情報

ダバオのショッピング情報

フルーツ天国のダバオでは、フィリピン最大『バンケロハン市場』へ。ここで見つける珍しい果実類は、ホテルでの楽しみに加えたいところです。気に入った味があれば、ドライフルーツをお土産にするのもよいでしょう。

もっとお買い物を楽しむなら、百貨店やスーパー、エンターテインメント施設、フード系ショップなどが一堂に会するショッピングモールが便利。ダウンタウンに集中する中で、ダバオ最大クラスの規模を持つ『SMラナンプレミアム』は特におすすめです。

ホテル情報

ダバオのホテル情報

ダバオで特に宿泊施設が集中しているのは『ポブラシオン(ダウンタウンの意)』と呼ばれるエリア。日本人好みの高級ホテルはもちろん、格安なゲストハウス、ビジネスホテル、プールやミニキッチンつきのアパートメントなど多彩です。

また、市街地からは少し離れますが、貸し切りも可能なヴィラやウオーターフロント沿いの高級ビーチリゾートもおすすめ。日常を完全に忘れるなら、あえてインフラや交通アクセスなどは度外視して考えてみるのも悪くないでしょう。

ダバオの旅行特集を探す

ダバオの基本情報

マニラ、セブに次ぐフィリピン第三の都市、ダバオはフィリピン南部のミンダナオ島にあり、政治・経済・文化の中心地として栄える都市です。行政面積として世界最大級、2,444平方kmという広さでも知られています。

この街が大きく発展するきっかけとなったのは20世紀初頭の日本人によるプランテーションであり、今では南国フルーツの名産地として名をはせるほどに。さらに近年、コールセンターなどBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の急成長が注目を集めています。

都市名 ダバオ
言語 国語はフィリピノ語。公用語としてフィリピノ語、英語を使用する。約80の言語がある
通貨 ペソ
時差 マイナス1時間
飛行時間 日本からは乗り継ぎ便を使用して8時間15分〜
主なルート 日本からセブ、マニラなどを経由してダバオ国際空港へ
最寄りの空港 フランシスコ・バンゴイ国際空港(ダバオ国際空港)

ダバオの交通事情

ダバオの交通事情

タクシー

観光客にとって、最もポピュラーな市内移動手段です。料金はメーター制、エアコンつき・エアコンなしで料金が多少異なります。

ジプニー

庶民の足として人気のジプニーは、乗り合いバスに近い乗り物です。車道に立っているだけでいろいろなジプニーが停車します。それぞれ路線ルートがあり、フロントガラスに目的地が書いてあるのを確認してから乗りましょう。目的地近くになったら「降ります」と言えば降車することができます。初乗りは7〜8ペソが目安です。

フランシスコ・バンゴイ国際空港(ダバオ国際空港)から市内までのアクセス

タクシー

ダバオ空港から市内へはタクシーで約20分、料金はおおよそ160ペソです。タクシーの配車カウンターは到着ロビーのすぐ近く、人が多く集まっていますのですぐに見つけられるでしょう。

ジプニー

料金はおおよそ15ペソ前後で割安ですが、時刻表はなく乗り合い制、さらにさまざまなルートがあるため時間がかかる場合も。急ぐ場合はタクシーを使いましょう。

フィリピンの主要都市を探す

フィリピンの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ