海外旅行  >  北米旅行  >  アメリカ  >  格安アトランタ旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

アトランタ旅行ならDeNAトラベルにおまかせ下さい。アトランタの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

アトランタ 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

アトランタ行きの旅行を探す

東京発
大阪発
名古屋発
福岡発

アトランタの観光情報

見どころ

ワールド・オブ・コカコーラ

アトランタに本社を置く『ザ コカ・コーラ カンパニー』のパビリオンです。世界中の看板やポスター、コマーシャルといった展示のほか、コカ・コーラのトップシークレットである製法を収めた”保管庫”の公開も。オブジェやキャラクター達との記念撮影も楽しめます。

とはいえここでのハイライトは、なんといっても『Drink it』でしょう。ザ コカ・コーラ カンパニーの看板商品であるコーラをはじめ、各国で販売している飲料が飲み放題!おなかを壊さないように気をつけましょう。ユニークなオリジナルグッズを扱うお土産屋さんも人気です。

ストーンマウンテン・パーク

ダウンタウンの東、およそ30kmほどの距離にある山です。見どころは標高513mの頂上にある、世界最大の花崗岩の一枚岩。これは三億年前の地殻変動によって隆起したもので、250mもの高さが遠目からでも圧倒的な存在感を放ちます。

また、この山腹には南北戦争で活躍した英雄たちの彫刻も。ロープウェイに乗って、あまりに有名なこの壮大なレリーフを、細部までじっくり見ることができるでしょう。ほかにも釣りやゴルフ、湖のクルーズ、電動自転車での探索などさまざまな楽しみがあります。

世界遺産・自然遺産

グレートスモーキー・マウンテンズ国立公園

グレートスモーキー・マウンテンズ国立公園は、アパラチア山脈の南端に位置している広大な公園です。ここには1万近くの動植物が生息し、生物学者によれば、未確認の生物がまだ9万種以上生息している可能性があるそうです。

季節や時間帯によって景観は移り変わりますが、壮大な山々が連なる姿、どこまでも霞がかかった幻想的な風景はいつでも訪れる者の心を奪うでしょう。絶景を望みながらのハイキングやサイクリング、釣り、ドライブ、スキーやスノーボードといったアクティビティも人気です。

グルメ情報

アトランタのグルメ情報

アトランタの名物といえば南部料理。アフリカ系アメリカ人が生み出した料理で、代表的なのはフライドチキンやキャットフィッシュ(なまず)のから揚げなど揚げ物がメインです。トウモロコシで作ったコーンブレッドや、乾燥させたトウモロコシで作ったお粥のような「グリッツ」と一緒にいただきます。

アトランタの中心部ダウンタウンを中心に、南部料理をはじめブラジル料理やイタリア料理、和食を含むアジア料理と多彩な食を楽しめます。また、ホットドッグやチリドッグもアトランタのソウルフード。オニオンリングと一緒にかぶりつきましょう。

ショッピング情報

アトランタのショッピング情報

アトランタを訪れる日本人にも好評な「ワールド・オブ・コカコーラ博物館」では、世界のコーラの試飲ができるほかにオリジナルのお土産グッズも充実。特別なボトルのコーラやマスコットなど、アメリカらしいセンスが光ります。

また、ダウンタウンのCNNセンターのギフトショップも人気で、ここでは日本未入荷の珍しいグッズが見つかるでしょう。ダウンタウンから北にいくと、日本でのおなじみのファストファッションブランドから大型家具店、さらにレジャー施設も備える「Atlantic Station」があります。ここからさらに北、バックヘッド地区でも大小さまざまなモールが立ち並び、お買い物を楽しませてくれます。

ホテル情報

アトランタのホテル情報

ダウンタウンの100周年オリンピック公園から、北にのびるストリート沿いにホテルが集中しています。観光スポットに徒歩圏内という立地条件のよいエリアには高級ホテルが軒をつらね、ハイアットやヒルトン、Wアトランタといった高級チェーン系ホテルが目立ちます。

一方ダウンタウンの北に位置するミッドタウン地区、こちら側にも高級ホテルはありますが、比較的お得なホテルやビジネスホテルも。アトランタではあまりに安い宿というのはあまり見かけませんが、一泊4000円からと、比較的良心的な宿泊施設が多いといえるでしょう。

アトランタの旅行特集を探す

アトランタの基本情報

南部でもっとも栄えるジョージア州の州都です。世界中にニュースを届ける『CNN』や、世界中で愛される『コカ・コーラ』の本社が置かれるなど、商業都市として近年大きく発展してきました。

世界遺産をはじめ自然の豊かさでも知られており、温暖な気候に加え、日本同様に四季折々の自然美を誇ります。旧市街には古きよき南部時代の面影も。小説『風と共に去りぬ』では、主人公スカーレット・オハラが思いを寄せる、故郷のモデルとしても描かれています。

都市名 アトランタ
言語 英語(法律上の定めはない)
通貨 ドル、セント
時差 マイナス14時間(サマータイム実施期間中はマイナス13時間)
飛行時間 12時間20分
主なルート 日本より直行便を使用
最寄りの空港 ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
主要の駅 ピーチツリー駅

アトランタの交通事情

アトランタの交通事情

地下鉄

「Five Points」と呼ばれる駅を中心に、アトランタを東西・南北に縦断する4つの路線があります。料金は一律2.50ドルですが、乗車するためには「ブリーズチケットorカード」が必要で、これには別途1ドルかかります。

バス

地下鉄と連携、乗り換えなども可能なバスは多くの路線が運行しています。料金は1回の乗車につき2.50ドル、バスにもブリーズチケットorカードが利用でき、現金払いも可能です。何度もバスを利用する予定がある時は、ワンデイパスやツーデイパスなども活用しましょう。

タクシー

基本はメーター制で、初乗り運賃は2.50ドル、8分の1マイルごとに25セント追加されていきます。街中でタクシーをひろうのは難しいため、利用したいときはホテルなどで呼んでもらう、自分でタクシー会社に電話をかけるなどの必要があります。チップは料金の10%の2倍、プラス荷物を運び入れてもらう場合は一つあたり1ドルを目安にしましょう。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港から市内までのアクセス

地下鉄

空港からは「MARTA Rail」のレッドラインとゴールドラインが利用できます。ダウンタウンにある「Five Points駅」まではおよそ16分、この駅には全ての地下鉄のラインが停車するため乗り換えを含めて活用しましょう。

空港シャトル

ダウンタウンやバックヘッド地区などのホテルまで、シャトルバンやシャトルバスを利用して移動することができます。ダウンタウンまでなら運賃は16.50ドル、バックヘッドまでは20ドル。フライトがある間は営業しているので、深夜や早朝の移動にも便利でしょう。

タクシー

アトランタではメーター制が基本ですが、空港からダウンタウンやバックヘッド地区までの運賃は決まっていて、ダウンタウンまでは30ドル、バックヘッドまでは40ドル、乗客1人あたりの追加は2ドルです。

アメリカの主要都市を探す

アメリカの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ