海外航空券/格安航空券TOP > 海外旅行 >  旅行に関するアンケート結果報告 >  2015年の旅行トレンドについてのアンケート結果報告

旅行に関するアンケート結果報告 メールマガジン中心にアンケート不定期開催中。ちょっと知っておくと便利な小ネタから、おすすめの都市や旅行の失敗談まで、旅行に関するアンケート結果からみんなの声をお届けします!

2015年を振り返って、最もマイブームとなった都道府県は?

年末といえば、流行語大賞の季節。2014年は「絶景」が流行語にノミネートされるなど、生活者の旅行への関心が上がっていることが伺えます。そこで今回は、今年1年の振り返りとして、「2015年旅行トレンド」に関する調査を実施しました。

【まとめ】
今年最もマイブームとなった都道府県は、ダイビングや離島が人気の「沖縄」。3位には北陸新幹線開通の影響か「石川県」がランクイン!来年の旅行計画の参考にしてみるのもいいですね。

2015年、あなたにとって流行となった都道府県は?

今年マイブームとなったアジアの国・地域は?

親日イメージがある国が人気

マイブームとなったアジアの国では、「親日」というイメージが強く、更に「世界野球WBSCプレミア12」の開催地としてもメディア露出の多かった「台湾」が1位となりました。3位の「タイ」、4位の「ベトナム」を選んだ理由についても「治安が良い」「親日家が多い」といった治安にまつわる理由を挙げる方が多く見受けられました。

今年マイブームとなった旅行ジャンルは?

1位は「ひとり旅」

最もマイブームとなった旅行ジャンルでは、「ひとり旅」という回答が2位の「夫婦旅行」に大差を付ける結果に。「ひとり旅」を挙げた理由として「気楽」「好きなところに行ける」といった意見が多く見受けられる一方で、「格安チケットで旅行に手軽に行けるようになったから」等、LCC(ローコストキャリア)の台頭を挙げる方もいました。

来年流行となりそうな国は?

来年も台湾が人気?!

DeNAトラベルの会員が予想する2016年の旅行トレンドでは、LCC(ローコストキャリア)の便数も増え、益々行きやすくなった「台湾」がトップに。続いて、「活気を感じる」という理由で「ベトナム」が2位にランクインしました。
また、3位以降もアジアの国が続き、来年も比較的低価格で気軽に行けるアジアへの旅行が人気傾向にあることが判りました。

【調査概要】
調査タイトル:「2015年海外トレンド」に関するアンケート調査
調査対象:「DeNAトラベル」のメール会員 計1,263名
調査期間:2015年11月26日(木)〜12月1日(火)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社DeNAトラベル

アーカイブ