韓国ソウルのパワースポット4選!景福宮やあの場所も

韓国旅スタイル

スピリチュアルなオーラに包まれたエリアが集中!女子会での韓国旅行なら、ご利益たくさんの韓国パワースポット巡りでキマリ

最近日本でも話題になっているパワースポット。韓国は歴史的に見てもスピリチュアルなオーラに包まれたパワースポットがたくさんあることでも知られています。韓国は、伝統的に陰陽五行思想が盛んな国で、特に、山や川など地形に恵まれたソウルは、陰陽五行思想をもとに都として建設されたとされる風水都市とされ、いわば街中がパワースポットなのです。

南山公園&南山ケーブルカー

南山公園

韓国ドラマのロケ地としてもよく使われている南山公園は、韓国を旅する際にはチラッと立ち寄っておきたい手軽なパワースポットです。Nソウルタワーはもちろん、噴水公園をはじめ図書館、植物園などがあり、韓国の観光スポットとしてだけでなく、韓国庶民のオアシスとして愛されている場所。そんなNソウルタワー真下に韓国一と言われる恋愛パワースポットがあります。フェンスや立ち木などたくさんの鍵がかけられており、文字通り願い事を鍵でロックしてしまおうというわけ。南山がもともと風水的に最高の立地とされる山だけに、恋愛だけでなく願い事なら何でもいいそう。願いを叶える鍵は、タワー内の売店でも販売しているからご心配なく。

パワースポット中のパワースポット!昔は首都防衛の中心だった南山

風水的に韓国最強の立地という南山。パワースポットでいい空気をたくさん吸い込んで帰りたい。
風水都市ど真ん中にそびえているのも伊達じゃないパワースポットです。

南山ケーブルカー

韓国随一のパワースポット南山公園を楽しむには南山ケーブルカーに乗るのがオススメです。向かうはNソウルタワーふもとに位置する八角堂。八方からのパワーがもらえ、運気が上がるとされ、またその下で願い事をすれば叶うと言われる、韓国随一の繁華街・明洞からすぐの、身近なパワースポットです。南山の上のほうにはNソウルタワーのほか、李朝時代に使われていた南山のろし台や、韓国の豊かな自然に囲まれた散歩道、また南山公園など見所がたくさんあるのも魅力の一つのパワースポットです。

Nソウルタワー

風水的に最高の立地にあるパワースポット南山にそびえ立つNソウルタワーはパワースポットが集まる場所。1965年に起工、首都圏一帯のTV・ラジオ放送電波を送る電波塔です。高さは海抜479.7mで、晴れた日には仁川の近海、北朝鮮の開城にある松岳山まで見渡すことができるそう。パワースポットだらけの南山において、ソウルタワーの見所の1つが最新の発光ダイオード技術によるライトアップです。中でもサーチライト6台を使用する“ソウルの花”と呼ばれる演出は、建国大学でデザインを教えるチョン・ガンファ教授によって作られたイルミネーション。また特別な記念日には多彩なカラーによる光の芸術を楽しむことができる絶景のパワースポットです。

カップルでNソウルタワーに行くなら鍵をかけて愛を誓おう

恋人たちが愛を近い鍵を掛け合うという、韓国一の恋愛パワースポット。塀やフェンス、立ち木など至るところに鍵がたくさん!さすがパワースポット!

明洞聖堂

キリスト教を信仰する人口が多い韓国。いくつかの宗派の中で全体の10%ほどがカトリック信者だそう。この韓国カトリック教(天主教)の象徴であり、ソウル大教区主教が明洞聖堂です。こちらのパワースポットは韓国教会の共同体が初めて誕生した場所で、数多くの殉教者の遺体が安置されているところ。外観は、装飾的な要素を排除した純粋なゴシック様式。細く尖った屋根を持つ背の高い時計塔と、レンガ造りの外壁が印象的なこの明洞聖堂、韓国で最初に立てられた本堂だそうで、1784年に明礼坊という宗教集会により信仰共同体が形成されたのをきっかけとし、1892年、フランス人のコステ神父の指揮により1898年に完成。その後、韓国カトリック教会の象徴的存在の聖堂として今に至ります。

景福宮(キョンボックン)

“万年も輝く大きな福を示す宮殿”という意味を持つ景福宮は、徹底した風水調査に基づいて建てられ、龍脈が流れ込んでいるともされている韓国屈指のパワースポットです。もともとは李成桂により1395年建立された李氏朝鮮の王宮です。現在は景福宮の中心部に1867年に興宣大院君によって再建された勤政門や勤政殿などが現存し、建物の復元事業が行なわれており、宮殿北側にある部分が大韓民国大統領官邸(いわゆる青瓦台)に使用されています。北岳山を背後に置き、清渓川が目の前を流れるこの景福宮。「山を背負い、水を前に置く」という、まさに風水で、「吉地」とされる場所にたつ宮殿。古来韓国では、北岳山から吹く風を生命のエネルギーと考え、この風が精気をソウルの街に流すと考えられていたそうです。

※2016年8月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

TAGS

行き先で選ぶあなたの旅スタイル

韓国旅行でキレイになろう