韓国旅スタイル

韓国の古き良きを知る世界遺産日帰りで十分巡ることができる世界遺産で、韓国の歴史ロマンに浸りたい

韓国の世界遺産は全部で12カ所。韓国ソウル市内にあり手軽に行けるところから、大邱や済州島など郊外まで。いずれにせよ韓国の世界遺産を巡るツアーもたくさんあるので興味のある人はチェックしてみましょう。韓国を旅するなら一度は目にしておきたい世界遺産ばかり。韓国の歴史ロマンを体験してみて。

昌徳宮(チャンドックン)の紹介

昌徳宮(チャンドックン)

1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録された昌徳宮は、韓国ソウルにある5つの古宮の中の1つ。1405年に正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、光海君(李朝第15代王)以降、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行なわれた王の御所です。全部で約135,000平方メートルの敷地には13棟の宮殿の建物があり、その北半分を占める後苑には28棟の楼閣があるという韓国の中でも壮大な世界遺産観光スポットとなっています。施設内の美しい庭園は、韓国の四季折々を感じることができる自然が最大の魅力。2010年からは、敷地内のエリアによって一般観覧(自由観覧)とガイド付きの制限観覧の2タイプに分かれていますので、入場の際にはご注意を。

宗廟(チョンミョ)

八万大蔵経板(高麗時代に仏教の三蔵を漢訳したもの)、石窟庵(韓国を代表する石窟の寺)とともに1995年12月、ユネスコの世界文化遺産に登録された宗廟は、李氏朝鮮王朝の歴代王と王妃や功臣の位牌(神位)を祀り、祭祀を行なっていた場所。李朝時代の建築物の中で最も整然とし、荘厳かつ神聖な場所とされており、1395年に建てられて以降、毎年ここで宗廟祭礼儀式が行われています。総面積は約186,000平方メートル(東京ドームおよそ4個分)。計163位の位牌を祀った宗廟は、位牌の数が多くなるにしたがって既存の建物の側面に増築を行なったため、李朝時代のほかの建築物とは違い、独特で固有の空間形式を持っているのがこの世界遺産の見所の1つ。また韓国の自然、地勢に順応し、建物の軸を統一せず、それぞれの建物が個別の軸に沿って建てられていることもこの世界遺産のポイントです。

水原華城

韓国ソウルからおよそ1時間、国鉄1号線水原駅に位置する水原華城は、李氏朝鮮王朝末期に造られたお城です。華城行宮(王様の別邸)を中心に、全長5.7キロと万里の長城のような城郭と、その要所要所に門、砲台、やぐら、兵士の休憩所、軍事指揮所、訓練所などを東西南北に整然と組み込んだ建造物。城を取り巻く周辺の散策コースは、ウォーキングやアウトドア好きにはたまらない、韓国庶民の憩いの場となっています。1997年に世界遺産に指定されたこの水原華城、1周は2時間半ほど、西武と東部に華城列車の乗降場があり、世界遺産の水原華城全体を見学したあと、華城内の行宮、華城博物館、広報館などを見学するのも韓国観光のオススメです。

※2016年8月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

TAGS

超サマーセール2018

行き先で選ぶあなたの旅スタイル

韓国旅行でキレイになろう