台北にもあった!フォトジュニックな眷村、四四南村(スースーナンツン)

眼前に台北101がそびえ立つ 軍人村がリノベしておしゃれスポットに大変身!レトロかわいい四四南村(スースーナンツン)

眷村(ジュエンツン)といわれる、かつての軍人村を再開発した四四南村(スースーナンツン)。軍人やその家族の集合住宅として使われていた建物を、カフェやショップにリノベーションした場所で、若者に人気のスポットになっています。徒歩6分ほどの場所には高層ビルの台北101があり、四四南村のレトロな雰囲気と好対照。台北101の撮影スポットとしてもおすすめです。

台湾の歴史を伝える四四南村(スースーナンツン)

レトロなのにカラフルな四四南村(スースーナンツン)の家屋

かつての集合住宅をリノベーション

四四南村の成り立ちは、中国・青島の武器工場、四十四兵工場で働いていた人たちとその家族が移り住んだことから始まります。彼らの集合住宅として長年使われていましたが、都市開発の対象となり、1999年に住民は村を去ることに。しかし、文化的な遺産として建物を残そうという声が高まり、住宅をカフェやショップ、資料館にリノベーションし、現在の四四南村が誕生しました。

台中の眷村 彩虹眷村

四四南村(スースーナンツン)の人気ベーグルショップ好,丘(ハオチウ)

ベーグルが人気のカフェ&ショップ

敷地内にはいくつかの建物がありますが、マストで訪れたいのはおしゃれなカフェ&ショップの「好,丘(ハオチウ)」。カフェはモチモチしたベーグルが自慢で、おいしいベーグルサンドや旬のフルーツティーなども楽しめます。ショップスペースにはメイドイン台湾のいいモノがずらり。食器やステーショナリー、こだわりの台湾産食品など幅広くそろいます。ひと休みのついでに、大事な人へのおみやげを探すのにぴったりです。

同じ建物には自然派アイス専門の「蜜朵麗(ミードゥオリー)」もあります。ドラゴンフルーツなどの果物を使った、台湾ならではのアイスが食べられます。

歴史資料館の眷村文物館

歴史資料館の眷村文物館(ジュエンツンウェンウーグァン)

四四南村の歴史を知るなら、カラフルなドアや窓枠が目印の資料館「眷村文物館(ジュエンツンウェンウーグァン)」へ。住・食・教育などにカテゴリーを分け、かつてここで生活していた人々の暮らしを物語る家財道具や料理などを展示しています。入場料は無料です。

また、眷村文物館が面する中央広場では、毎週日曜の13:00~19:00に「Simple Market」が開催されます。作り手が直接販売するマーケットで、ハンドメイドの雑貨やオリジナルのグルメなどを、ここでしか出会えないアイテムもたくさん。スケジュールが合えばぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

雑貨

眷村文物館の展示品

眷村文物館の展示のひとつ。当時ここに暮らしていた人たちの食生活が模型で再現されています。

四四南村(スースーナンツン)のカラフルな家屋の前で写真撮影をする人たち

カラフルに彩られた建物の前は絶好の撮影スポット。カメラを片手に歩く人たちも多く見かけます。

インフォメーション

MRT世貿駅

四四南村

MRT台北101/世貿駅の出口2から徒歩で約3分。交差点を左折し、バスケットボールコートの角を左折すると入口に到着します。

所在地:台北市信義区松勤街54号

※2017年9月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ